趣味とか道楽とか

hobby and hobbies

JUPITER 8 50mm F2 と α7RⅢ

α7RⅢ + LM-EA7 + JUPITER 50mm F2.0



今回は適当にロシアレンズ

前にもブログで紹介した事あるけど、その時の感想はツアイス ゾナーのコピーで、軽くて小さくて云々を語った気がする。

私感ではあるが、別に素晴らしい写りのレンズでは無い。

今回は何故このレンズなのかというと、碌なコーティングの施されていないレンズだが、この時期はどんより曇って日光も厳しくないし、コーティングは無いけれども強い日光もないので、意外とまともに写っちゃうんじゃないか?

そのぐらいの考えである。

結果としては「まあ、普通だった」夕方ともなれば、それなりのクセのある写りになると思ったが、夕焼けを見る前に真っ暗になってしまった。

最近はあえてグルグルのクセあるレンズを使うのが流行ったりしているらしいが、このレンズにそこまでのクセはない。

せいぜい、強い光源が入るとコントラストの低下があるくらいだろうか?

軽さのワリにあまり持ち出さないレンズだが、特に悪い印象を持ってはいないという事はそれなりに写るレンズという事なのだろう。

とりあえず、LM-EA7にLMの変換リングを取り付けて、いつものなんちゃってAFで適当にフラつくことにした。

α7RⅢ + LM-EA7 + JUPITER 50mm F2.0 F5.6
α7RⅢ + LM-EA7 + JUPITER 50mm F2.0 F5.6

α7RⅢ + LM-EA7 + JUPITER 50mm F2.0 開放
α7RⅢ + LM-EA7 + JUPITER 50mm F2.0 開放

α7RⅢ + LM-EA7 + JUPITER 50mm F2.0 開放
α7RⅢ + LM-EA7 + JUPITER 50mm F2.0 開放

α7RⅢ + LM-EA7 + JUPITER 50mm F2.0 F8.0
α7RⅢ + LM-EA7 + JUPITER 50mm F2.0 F8.0

α7RⅢ + LM-EA7 + JUPITER 50mm F2.0 開放
α7RⅢ + LM-EA7 + JUPITER 50mm F2.0 開放

α7RⅢ + LM-EA7 + JUPITER 50mm F2.0 F4.0
α7RⅢ + LM-EA7 + JUPITER 50mm F2.0 F8.0

α7RⅢ + LM-EA7 + JUPITER 50mm F2.0 開放
α7RⅢ + LM-EA7 + JUPITER 50mm F2.0 開放
雪の日の散歩
東京だってたまには雪も降る
雪の日の夜中に車の雪を下ろしておくことにした

α7RⅢ + LM-EA7 + JUPITER 50mm F2.0 F5.6
α7RⅢ + LM-EA7 + JUPITER 50mm F2.0 F5.6

α7RⅢ + LM-EA7 + JUPITER 50mm F2.0 F8.0
α7RⅢ + LM-EA7 + JUPITER 50mm F2.0 F8.0

α7RⅢ + LM-EA7 + JUPITER 50mm F2.0 開放
α7RⅢ + LM-EA7 + JUPITER 50mm F2.0 開放

α7RⅢ + LM-EA7 + JUPITER 50mm F2.0 開放
α7RⅢ + LM-EA7 + JUPITER 50mm F2.0 F5.6

α7RⅢ + LM-EA7 + JUPITER 50mm F2.0 開放
α7RⅢ + LM-EA7 + JUPITER 50mm F2.0 開放

α7RⅢ + LM-EA7 + JUPITER 50mm F2.0 F8.0
α7RⅢ + LM-EA7 + JUPITER 50mm F2.0 F8.0

α7RⅢ + LM-EA7 + JUPITER 50mm F2.0 F4.0
α7RⅢ + LM-EA7 + JUPITER 50mm F2.0 F4.0
場所変わって後楽園のラクーア


今回の感想としては、「以外に写った」、コレに尽きる。

古いレンズだが、問題になるようなこともなかった。

雨の中の撮影時に水滴がついて、その水滴がレンズに入ってしまわないだろうか?と心配になった程度だ。

傘をさしながら、肩からカメラをかけていたのだが特に困る事はなかった。


* 下に表示されている広告のアダプタは、今回の記事で紹介したレンズを使用できます。
  (本文で、実際に使われていない物も表示されています)



----

スポンサーサイト

テーマ:★カメラ&レンズ・機材 - ジャンル:写真

  1. 2018/02/09(金) 19:55:00|
  2. JUPITER 8 50mm F2
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

MC ROKKOR 58mm F1.4 と α7RⅢ

α7RⅢ + LM-EA7 + MC ROKKOR 58mm F1.4

今回は、自分の中のカメラのレンズと言えばコレだろうと言えるレンズ「 MC ROKKOR 58mm F1.4 」を使って見ようと思う

カメラは最近購入したa7RⅢでということになるが、同じセンサーが使われているa7RⅡで散々使っていたし当ブログでも過去に何回か紹介している

a7RⅡの時にも言える事だが、このブログを書いている時点で、最高峰であろうセンサーを使っているa7RⅢにこのレンズを使うのである

思い入れや特別な気持ちでも無ければ、こんな古くて解像もあるのか無いのかわからない様なレンズを使っているなんて、"絶対高性能光学主義" の先生には許されないことかも知れない

思い入れのあるレンズなので自分的には出番は多いが、特に思い入れのない人にはどうでもいい古臭いレンズだ

今でもオークション等で少しでも程度の良さそうな物があれば買ってみているのだが、中々これだというのに出会わない

外観が物凄く良くてもクモリがあったり、レンズは凄く良いのに絞りのカタチがおかしい等だ

そのうち手持ちのレンズを全て使ってニコイチ、サンコイチ、いやいや5個1にして完璧な自分だけの一つを作って見るのも良いかもしれない

当然、素人の自分が手を出すような素人整備ではなく信頼のおけるショップに出して完璧な調整と整備をして貰ったらどうだろうか?

多少金額がかかっても思い出はプライスレスなのだ、時折、本気で考えてしまう事がある

このレンズの思い入れは前にも書いたことがあるので、この辺で切り上げて適当に画像を上げていこうと思う

α7RⅢ + LM-EA7 + MC ROKKOR 58mm F1.4 開放
α7RⅢ + LM-EA7 + MC ROKKOR 58mm F1.4 開放
折角なので癖のある描写を出してみようと思う
開放では色々破綻しているようだ
味とか言って眺めていると以外とそれらしい雰囲気が出ているような出ていないような
最近のInstagram調の一枚だ

α7RⅢ + LM-EA7 + MC ROKKOR 58mm F1.4 F8.0
α7RⅢ + LM-EA7 + MC ROKKOR 58mm F1.4 F8.0

α7RⅢ + LM-EA7 + MC ROKKOR 58mm F1.4 F8.0
α7RⅢ + LM-EA7 + MC ROKKOR 58mm F1.4 F8.0
釣り始めである
1月6日に釣行して釣れるとは全く思わないが、とりあえずロッドを振ってみることにした。

α7RⅢ + LM-EA7 + MC ROKKOR 58mm F1.4 F8.0
α7RⅢ + LM-EA7 + MC ROKKOR 58mm F1.4 F8.0
ポイントを移動して某池へ到着したが様子がおかしい
全面凍結しているようだ

α7RⅢ + LM-EA7 + MC ROKKOR 58mm F1.4 F8.0
α7RⅢ + LM-EA7 + MC ROKKOR 58mm F1.4 F8.0
ヘラブナ釣りのおじさん達は座っている前面の氷を割って釣りをしているようだ
こんなので釣れるのかと思って見ていたが以外にも釣れているようで感心してしまった

α7RⅢ + LM-EA7 + MC ROKKOR 58mm F1.4 F4.0
α7RⅢ + LM-EA7 + MC ROKKOR 58mm F1.4 F4.0
釣れないとか何とかぼやいているうちに日が暮れていく
強い光源の影響だろうか絞り羽の型が出ている
右側もモヤっと何か光源の影響を受けているようだ
それなりの時代のレンズなので、なるほどねで終わりだ

α7RⅢ + LM-EA7 + MC ROKKOR 58mm F1.4 F8.0
α7RⅢ + LM-EA7 + MC ROKKOR 58mm F1.4 F8.0
最後に場所変わって夜景を出しておく
手持ちにて撮影したが以外に写っている
F8.0まで絞ればあまり破綻しない
普通のレンズっぽいが等倍で見ると解像という感じでは無さそうだ

*下記に記載されている、SRマウント(ミノルタMC、MDマウント)を加工して取り付けている。


-----

SR系マウントとLM-EA7を組み合わせて使用する場合は下記を



LM−EA7を使わない場合は、下記アダプタを使用


テーマ:★カメラ&レンズ・機材 - ジャンル:写真

  1. 2018/01/17(水) 01:45:30|
  2. MC ROKKOR 58mm F1.4
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ブログ再開、そしてα7RⅢを買ってみた

長いことブログの更新を怠っていたのだが、唐突に再開してみようと思う。

半年以上の間隔を空けての更新になるが、別に大層な理由があって更新していなかった訳でも無いし、今回の再開にしても何か特別な意味は無い。

元々、気まぐれな更新だったし、今日の一枚的に必ず写真を出していくブログスタイルでも無い。

ブログ更新の為にストック写真を撮るなんてのも当然無かった。

素人が撮った素人らしい写真を適当に出していき、素人の駄文で終わるスタイルだ。

いつ辞めてもいいし再開しても問題なんてない。

敢えて "何か" 再開の理由を言えば、「新しいカメラを購入したから」くらいだろうか?

α7RⅢ

今回のタイトルのα7RⅢを、発売日にソニーストアより購入した。

カメラのザックリした感想は、α7RⅡの不満を正したモデルと言えるのでは無いだろうか?

元々、α7RⅡに不満は持っていなかったのだが、いざ手元にα7RⅢが届くと非常にα7RⅡのレスポンスに不満が出てきてしまう。

素人が何か言ってもどうせ大した事は無いが、レスポンスや操作感と言うものは素人の自分にも感覚で伝わってくる。

新しく実装されたジョイスティック?やタッチパネルの液晶も中々に使い勝手がいい。

AFの精度や速度が上がっているように感じるし、特に瞳AFの精度と食い付きは素晴らしい。

更に、瞳AFについては当ブログで良く出てくる各種電子マウントアダプタについても適用されるのでビックリしてしまった。

今まで使っていたα7RⅡの場合カスタムキーで設定した瞳AFボタンを押しても、社外の電化されたマウントアダプタを装着した状態では「このレンズでは使用出来ません」と、ツレナイ表示が出るだけだったのだ。

α7RⅢになって、CONTAX Nのfringer、CONTAX GのTA-GA3、Mマウント用のLM-EA7、CANON EFのMC-11等であっさりと瞳AFが出来るようになってしまった。

まさか、CONTAX Gのsonnar 90mmで手ブレ補正を使いながら、瞳AFを使ってポートレートが撮れる様になるとは思わなかった。

こういう技術の進歩を、「俺はそういうの要らないから」とストイックな世界の中で生きる人もいるのだろうが、自分の様な素人には有り難い事だ。


と、いつもの駄文を書き連ねて言ってもしようがない。

今回はα7RⅢの使い勝手を習熟する為に、純正レンズを使って六義園にて12月6日まで行われていたライトアップの写真を出していこうと思う。


α7RⅢ + FE55mm F1.8 ZA F5.6
α7RⅢ + FE55mm F1.8 ZA F5.6
今回は新型ボディをたっぷり味わえるように純正レンズでの撮影とした。

α7RⅢ + FE16-35mm F4 ZA OSS F5.6 (35mm)
α7RⅢ + FE16-35mm F4 ZA OSS F5.6 (35mm)
手ブレ補正が若干強力になったような気が・・・

α7RⅢ + FE16-35mm F4 ZA OSS F5.6 (35mm)
α7RⅢ + FE16-35mm F4 ZA OSS F5.6 (35mm)

α7RⅢ + FE16-35mm F4 ZA OSS F5.6 (35mm)
α7RⅢ + FE16-35mm F4 ZA OSS F5.6 (35mm)
池に月が写っている

α7RⅢ + FE16-35mm F4 ZA OSS F5.6 (26mm)
α7RⅢ + FE16-35mm F4 ZA OSS F5.6 (26mm)
紅葉も終わりかけだろうか

α7RⅢ + FE16-35mm F4 ZA OSS F5.6 (26mm)
α7RⅢ + FE16-35mm F4 ZA OSS F5.6 (26mm)
通路には、所々、照明があるので真っ暗ということはない

α7RⅢ + FE16-35mm F4 ZA OSS F5.6 (35mm)
α7RⅢ + FE16-35mm F4 ZA OSS F5.6 (35mm)
園内でのちょっとした店なのだがライトアップ期間中は夜間でも営業している

α7RⅢ + FE16-35mm F4 ZA OSS F5.6 (35mm)
α7RⅢ + FE16-35mm F4 ZA OSS F5.6 (35mm)
夜間でも大盛況だ

α7RⅢ + FE16-35mm F4 ZA OSS F5.6 (35mm)
α7RⅢ + FE16-35mm F4 ZA OSS F5.6 (35mm)

α7RⅢ + FE55mm F1.8 ZA F5.6
α7RⅢ + FE55mm F1.8 ZA F5.6
個人的には寒く感じるせいか、青系のライトアップはあまり好きではない

α7RⅢ + FE55mm F1.8 ZA F5.6
α7RⅢ + FE55mm F1.8 ZA F5.6

α7RⅢ + FE55mm F1.8 ZA F5.6
α7RⅢ + FE55mm F1.8 ZA F5.6

α7RⅢ + FE55mm F1.8 ZA F5.6
α7RⅢ + FE55mm F1.8 ZA F5.6

α7RⅢ + FE55mm F1.8 ZA F5.6
α7RⅢ + FE55mm F1.8 ZA F5.6
池の映り込みは結構好き

α7RⅢ + FE55mm F1.8 ZA F5.6
α7RⅢ + FE55mm F1.8 ZA F5.6

α7RⅢ + FE55mm F1.8 ZA F8.0
α7RⅢ + FE55mm F1.8 ZA F8.0
とりあえず撮るものはとったので帰ることに

α7RⅢ + FE55mm F1.8 ZA F1.8開放
α7RⅢ + FE55mm F1.8 ZA F1.8開放

α7RⅢ + FE55mm F1.8 ZA F1.8開放
α7RⅢ + FE55mm F1.8 ZA F1.8開放
スタンプラリーぽいことをしているようだが良く見なかった

α7RⅢ + FE55mm F1.8 ZA F1.8開放
α7RⅢ + FE55mm F1.8 ZA F1.8開放

α7RⅢ + FE55mm F1.8 ZA F1.8開放
α7RⅢ + FE55mm F1.8 ZA F1.8開放

ここで新しく買ったα7RⅢについて語るべきなのだろうが、素人の自分にはあまり語る事はない。

感覚としては、カメラの全ての操作にレスポンスの良さを感じる。

ノイズ耐性や手ブレ補正は若干良くなっているようだ。

このぐらいだろうか、個人的には大満足だ、今後は社外アダプタを使ってオールドレンズなどを試してみたい。


---


テーマ:★カメラ&レンズ・機材 - ジャンル:写真

  1. 2017/12/21(木) 20:18:49|
  2. カメラ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

CONTAX G Planar T* 45mm F2 と α7RⅡ (07)

今回の更新も前回との間がずいぶん空いてしまった。

このままでは、気まぐれ更新にしても度が過ぎる。

前回に引き続きCONTAX Gのレンズでの写真を出していこうと思うのだが、若干のストックの中からの手抜き更新である。

もっとも、たいした事をしているブログでもないので、問題ないと言えば問題ない。

それと前回の釣りで、としまえんでの練馬サーモンお持ち帰り釣行を行ったのだが、結果は芳しくなかった。

今回は良い魚を見せられれば良いのだが・・・

α7RⅡ + CONTAX G 45mm F2 F8.0
α7RⅡ + CONTAX G 45mm F2 F8.0
2017年の3月まででお台場のガンダムは無くなるそうだ。

α7RⅡ + CONTAX G 45mm F2 F8.0
α7RⅡ + CONTAX G 45mm F2 F8.0
後姿はかっこいい、一番好きなアングルかもしれない

α7RⅡ + CONTAX G 45mm F2 F8.0
α7RⅡ + CONTAX G 45mm F2 F8.0

α7RⅡ + CONTAX G 45mm F2 開放
α7RⅡ + CONTAX G 45mm F2 開放

α7RⅡ + CONTAX G 45mm F2 F8.0
α7RⅡ + CONTAX G 45mm F2 F8.0
で、川口湖へ

α7RⅡ + CONTAX G 45mm F2 F5.6
α7RⅡ + CONTAX G 45mm F2 F5.6
老舗の旅館で温泉もたまにはイイ

α7RⅡ + CONTAX G 45mm F2 F5.6
α7RⅡ + CONTAX G 45mm F2 F5.6

α7RⅡ + CONTAX G 45mm F2 開放
α7RⅡ + CONTAX G 45mm F2 開放
食事もなかなかだ

α7RⅡ + CONTAX G 45mm F2 F8.0
α7RⅡ + CONTAX G 45mm F2 F8.0

α7RⅡ + CONTAX G 45mm F2 F8.0
α7RⅡ + CONTAX G 45mm F2 F8.0
寒い中のバス釣りは自分には無理
自分は、20年前によく通った管理釣場に行った

α7RⅡ + CONTAX G 45mm F2 F8.0
α7RⅡ + CONTAX G 45mm F2 F8.0

α7RⅡ + CONTAX G 45mm F2 F8.0
α7RⅡ + CONTAX G 45mm F2 F8.0

α7RⅡ + CONTAX G 45mm F2 F8.0
α7RⅡ + CONTAX G 45mm F2 F8.0

α7RⅡ + CONTAX G 45mm F2 F8.0
α7RⅡ + CONTAX G 45mm F2 F8.0
管理釣り場である
適当にマスを釣って帰った

α7RⅡ + CONTAX G 45mm F2 F8.0
α7RⅡ + CONTAX G 45mm F2 F8.0

適当にストック写真で更新してしまった。

冒頭最後の練馬サーモンについては、この後1月中に釣ったのだがカメラを持って行くのを忘れてしまったのだ・・・

iPhoneで撮影はしたのだが、お持ち帰りしようと受付に魚を持って行ったので、としまえんのブログに顔が出てしまった。

iPhone6S
iPhone6s
なかなかのサイズである
魚がかかってから、この状態にするのに10分ほどかかってしまった

持ち帰って捌いて食べたのだが残念ながら赤身の練馬サーモンではなかった
次は赤身を持ち帰りたい。




* 下に表示されている広告のアダプタは、今回の記事で紹介したレンズを使用できます。
  (本文で、実際に使われていない物も表示されています)


-----
-


テーマ:★カメラ&レンズ・機材 - ジャンル:写真

  1. 2017/02/03(金) 19:52:26|
  2. CONTAX G Planar T* 45mm F2.0
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

CONTAX G Planar T* 45mm F2 と α7RⅡ (06)

α7RⅡ + CONTAX G 45mm F2

碌に更新出来ないまま新年となってしまった。

年末は、やはり忙しい。

とはいえ、カメラを車に入れて移動しているのだから、適当にスッと撮ってしまえばいいのだ。

そのスッという時間も惜しい程に忙しいというような事はない。

そんな、何分にも満たないような時間では、たいして日々の仕事の進捗に影響を与えるような事はないのだ。

どうでもいい言い訳をしても、別に意味はない。

いつもどおり写真を上げておこうと思う。

α7RⅡ + CONTAX G 45mm F2 F8.0
α7RⅡ + CONTAX G 45mm F2 F8.0
ひと月も更新してなかっただろうか、少し写真が古い。
11月末の近所の公園の紅葉である。

α7RⅡ + CONTAX G 45mm F2 F8.0
α7RⅡ + CONTAX G 45mm F2 F8.0

α7RⅡ + CONTAX G 45mm F2 F8.0
α7RⅡ + CONTAX G 45mm F2 F8.0

α7RⅡ + CONTAX G 45mm F2 F8.0
α7RⅡ + CONTAX G 45mm F2 F8.0

α7RⅡ + CONTAX G 45mm F2 開放
α7RⅡ + CONTAX G 45mm F2 開放

α7RⅡ + CONTAX G 45mm F2 開放
α7RⅡ + CONTAX G 45mm F2 開放
ところ変わって陽の落ちた豊島園である
イルミネーションを撮りに来たわけではない

α7RⅡ + CONTAX G 45mm F2 開放
α7RⅡ + CONTAX G 45mm F2 開放
開放の写りでは、周辺が厳しいようだ
もっとも単純に手ブレも考えられる

α7RⅡ + CONTAX G 45mm F2 開放
α7RⅡ + CONTAX G 45mm F2 開放
なぜ豊島園?
理由は釣りである
冬期のプールをマス釣り堀にしているのだ

とりあえず初場所での釣行なので基本の#5で様子を見に来た
このロッドはキャス練用で購入したものである

ココには練馬サーモンという50~75cmのマスが入っているそうだ
ぜひ、釣ってみたい
年末の仕事の合間に来れるのは都内の釣り堀ならではだろう
会社から30分程度で来る事が出来た


うん?


全く釣れなかった・・

完全にタックルの選択ミスである
次回、来るときには遠投出来るシステムで挑もうと思う
練馬サーモンが入っているプールはミシガンエリアというプールになるのだが、奥の方に魚は張り付いているようだ
奥までフライを届かすには自分の腕的に厳しい、プールに膝下まで入ってオーバーヘッドのフォルスキャストをしシュートしたが魚のいる場所に届かない
そもそも、20m級のフォルスキャストをするにはバックスペースも足りないように思う、シューテイングヘッドを使う釣りで考える事にしよう
できればダブルハンドを持ち出さないで釣りたいものだ
年始から今年の目標ができた

* 下に表示されている広告のアダプタは、今回の記事で紹介したレンズを使用できます。
  (本文で、実際に使われていない物も表示されています)


-----
-


テーマ:★カメラ&レンズ・機材 - ジャンル:写真

  1. 2017/01/02(月) 21:15:17|
  2. CONTAX G Planar T* 45mm F2.0
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3
次のページ

カウンター

プロフィール

yoshiyashi

Author:yoshiyashi
とりあえず、楽しめれば良い

カレンダー

01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -

月別アーカイブ

最新記事

最新コメント

カテゴリ

未分類 (1)
カメラ (2)
マウントアダプタについて (4)
MINOLTA MC MD(SR系) (10)
AUTO ROKKOR PF 55mm F1.8 (1)
MINOLTA MD ROKKOR 50mm F1.4 (55φ) (1)
MC ROKKOR 58mm F1.4 (4)
MC ROKKOR 58mm F1.2 (2)
MINOLTA NEW MD 50mm F2.0 (1)
MD ZOOM 35-70mm F3.5 (1)
(C/Y) CONTAX (2)
(C/Y) CONTAX Carl Zeiss Planar T* 50mm F1.4 (2)
(C/Y) CONTAX Carl Zeiss Sonnar T* 135mm F2.8 (0)
Contax G (15)
CONTAX G Biogon T* 21mm F2.8 (1)
CONTAX G Biogon T* 28mm F2.8 (2)
CONTAX G Planar T* 35mm F2.0 (1)
CONTAX G Planar T* 45mm F2.0 (9)
CONTAX G SONNAR T* 90mm F2.8 (1)
CONTAX G Vario-Sonnar T* 35-70mm F3.5-5.6 (1)
Contax N (7)
CONTAX N Planar T* 50mm F1.4 (3)
CONTAX N Planar T* 85mm F1.4 (1)
CONTAX N Vario-Sonnar T* 24-85mmF3.5-4.5 (3)
Asahi Super Takumar 55mm F1.8 (1)
FA43mmF1.9 Limited (2)
FA77mmF1.8 Limited (1)
Voigtlander NOKTON Classic 40mm F1.4 MC (4)
Voigtlander NOKTON 50mm F1.1 (3)
Voigtlander SEPTON 50mm F2.0 (2)
千代田光学 SUPER ROKKOR 45mm F2.8 (1)
LEICA SUMMICRON-M 50mm F2.0 (1)
JUPITER 8 50mm F2 (2)
INDUSTAR-61L/Z-MC-50mm-F2.8-(M42) (2)
EBC FUJINON 55mm F1.8 (2)
改造レンズ (7)
ROKKOR-QF 40mm F1.7 (2)
FUJINON 38mm F2.8 (2)
COLOR YASHINON DX 40mm F1.7 (2)
kodak Ektar 44mm F3.5 (1)
SEL1635Z Vario-Tessar T* FE 16-35mm F4 ZA OSS (3)
SEL55F18Z Sonnar T* FE 55mm F1.8 ZA (1)
車 (1)
RICOH XR RIKENON 50mm F2 (1)

最新トラックバック

広告

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR