FC2ブログ

趣味とか道楽とか

hobby and hobbies

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

Voigtlander COLORSKOPAR 21mm F4P と α7RⅢ

α7RⅢ + Voigtlander COLORSKOPAR 21mm F4P


今回は所謂カラスコなのだが、所有しているのは焦点距離21mmのものだ。

広角レンズとなる焦点距離だが、自分でブログにとりあげておいて言うのもなんだが苦手なレンズである。

全くの個人的な考えだが自身の考えでは写真とは切りとる感のあるものだと思っているせいだと思う。

広角になるにつれ切りとる感じがなくなり全体のバランスを気にしながらファインダーを覗いてる時間ばかり長くなってしまう。

被写体に寄って行って、強めのパースをファインダー内に配置しながら被写体を強調したり工夫するべきなのだが思っている様には撮れない。

もっとも個人的には撮れなくても困ったりはしない、思うように撮れないのを楽しめばいいだけだ。

レンズの感想としては軽量コンパクトで言うこと無しとしたいところだが、若干シャープさに欠けると思う。

これは最近話題のα7シリーズ以外でも言われている、センサー前のカバーガラスの厚みの問題なのかも知れない。

所有しているVoigtlander NOKTONやCONTAX Gの45mm近辺では個人的には特に気にはならないが、このレンズでは顕著に解像感を感じない。

現像時以外に等倍鑑賞で見ることもないが、精細な描写を得られないのをストレスと感じる人には勧められない。

LeicaなりBESSAを使って本来の写りを楽しむべきだろう。

写真をいくつか上げておくがPhotoshop Lightroomにてレンズプロファイルを適用し周辺の歪みなどは補正している。

α7RⅢ + Voigtlander COLORSKOPAR 21mm F4P F8.0
α7RⅢ + Voigtlander COLORSKOPAR 21mm F4P F8.0

α7RⅢ + Voigtlander COLORSKOPAR 21mm F4P F8.0
α7RⅢ + Voigtlander COLORSKOPAR 21mm F4P F8.0
なんか色被り?
緑が濃いような
それにしても解像感が薄い手ブレしているのだろうか

α7RⅢ + Voigtlander COLORSKOPAR 21mm F4P F8.0
α7RⅢ + Voigtlander COLORSKOPAR 21mm F4P F8.0

α7RⅢ + Voigtlander COLORSKOPAR 21mm F4P F8.0
α7RⅢ + Voigtlander COLORSKOPAR 21mm F4P F8.0
モノクロならイケるような気も



* 下に表示されている広告のアダプタは、今回の記事で紹介したレンズを使用できます。

---
スポンサーサイト

テーマ:★カメラ&レンズ・機材 - ジャンル:写真

  1. 2018/08/14(火) 23:41:06|
  2. Voigtlander COLOR SKOPAR 21mm F4P
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

SAL2875 と α7RⅢ

SAL2875 と A7RⅢ
α7RⅢ + LA-EA3 + SAL2875 28-75mm F2.8 SAM

SONYの純正Aマウントレンズをα7RⅢにつけて散歩してきたので適当に写真をあげていこうと思う。

SONYのAマウントレンズで、ブログの更新をするのは初めてだろうか?

それも純正ズームレンズである。

珍しいなぁ、そんなこともあるのか?という気持ちになる。

今回は表題のSAL2875を、某オークションにて20,000円程度で入手したので写りやA7RⅢとの相性などを確かめるべく適当にぶらつく事にした。

一応、購入動機を説明すると釣行時に携行する際に便利かな?その程度の動機である。

今までは適当に写る感じの古めの単焦点レンズを、風景スナップ用と釣果撮影用でいくつか携行していたのだが、ズームならどうだろうか便利なのだろうか?、その程度の考えで今回の購入に至った。

元々、高精細な画像を保存できるようなレンズで撮影をしていたわけではない、所謂オールドレンズで充分に事足りていたのだがイロイロ試してみるのも面白い。

少し古いが、一応は現行レンズである、AFは純正のLA-EA3が行ってくれるしA7RⅢの瞳AFも対応してくれる。

釣行以外でも、ちょっとした旅行で使えればいいなぁ、程度の考えだ。

純正Eマウントの標準ズームレンズのほうがいいのだが、20万以上出して使うかどうかわからない重さ800g以上のレンズをひょいひょい購入するのは悩ましい。

だが、レビューサイトなどの写真を見ると写りは間違いなさそうだ、余裕があればそっちを買うのがいいに決まってる。

とはいえ、自分の釣行以外での撮影スタイルは適当に毎日持って歩いて適当にゆるく撮っていくタイプなので886gのレンズは値段以前に重さ的に少し厳しい、釣行時に携行するなんて気が遠くなりそうだ。

ルアーや釣り具を減らしてタックルバックにカメラを納めても、結局はバックから出して車でお留守番することになるかもしれない。

そもそも、釣行ありきでカメラは二の次の筈なのに釣り具を減らしてどうするのか?とも思う。

今回のレンズは565gで、LA-EA3は105gである両方足しても670gとなり。200g以上Gマスターレンズより軽い。

200gの差は大きい一般的なバスルアーなら20個近い重量である。

あとは写りが良ければ言うことはない、このレンズはそこそこの評判と一定の評価のあるタムロンのSP AF 28-75mm F/2.8 XR Di LD Aspherical [IF] MACRO (Model A09) つまりタムロンA09 のソニー版と言われている。

レンズの構成や絞りなど、ほぼ外観とコーティング以外は同一らしい、タムロン版のA09のほうはLA-EA3ではAFすることが出来ないのでLA-EA4を使用することになるが、A55レベルのAF性能になってしまうのはもったいない。

LA-EA3を使用してSAMレンズのSONY純正版を購入することにした、キヤノンのEFマウント版のA09を購入しMC-11アダプタを新たに購入してAFさせてもよいと思ったのだが、MC-11を購入したら他のEFレンズまで購入してしまいそうだ。

現行のキヤノン版を購入する場合A09が24,000円にMC-11が25,000円程度だろうか?

LA−EA3を元から持っていた自分としては、中古でSONY純正の本レンズを2万ちょっとで購入できたのだからお財布的にも、これで良しとしたい。

α7RⅢ + LA-EA3 + SAL2875 28-75mm F2.8 SAM 75mm 開放
α7RⅢ + LA-EA3 + SAL2875 28-75mm F2.8 SAM 75mm 開放
なだらかな背景ボケの印象だ
結構、悪くない

α7RⅢ + LA-EA3 + SAL2875 28-75mm F2.8 SAM 75mm 開放
α7RⅢ + LA-EA3 + SAL2875 28-75mm F2.8 SAM 75mm 開放
絞り開放だがピント部分はそれなりに写る
安定した解像を求めるならF4.0程度に絞るのもいいだろう

α7RⅢ + LA-EA3 + SAL2875 28-75mm F2.8 SAM 75mm 開放
α7RⅢ + LA-EA3 + SAL2875 28-75mm F2.8 SAM 75mm 開放

α7RⅢ + LA-EA3 + SAL2875 28-75mm F2.8 SAM 75mm F8.0
α7RⅢ + LA-EA3 + SAL2875 28-75mm F2.8 SAM 75mm F8.0
F8.0まで絞れば情報量は一気に増えてくる
当然、背景もざわつき始める

α7RⅢ + LA-EA3 + SAL2875 28-75mm F2.8 SAM 75mm 開放
α7RⅢ + LA-EA3 + SAL2875 28-75mm F2.8 SAM 75mm 開放

α7RⅢ + LA-EA3 + SAL2875 28-75mm F2.8 SAM 28mm F8.0
α7RⅢ + LA-EA3 + SAL2875 28-75mm F2.8 SAM 28mm F8.0

α7RⅢ + LA-EA3 + SAL2875 28-75mm F2.8 SAM 28mm F8.0
α7RⅢ + LA-EA3 + SAL2875 28-75mm F2.8 SAM 28mm F8.0

α7RⅢ + LA-EA3 + SAL2875 28-75mm F2.8 SAM 75mm 開放
α7RⅢ + LA-EA3 + SAL2875 28-75mm F2.8 SAM 75mm 開放

α7RⅢ + LA-EA3 + SAL2875 28-75mm F2.8 SAM 75mm 開放
α7RⅢ + LA-EA3 + SAL2875 28-75mm F2.8 SAM 75mm 開放

α7RⅢ + LA-EA3 + SAL2875 28-75mm F2.8 SAM 75mm 開放
α7RⅢ + LA-EA3 + SAL2875 28-75mm F2.8 SAM 75mm 開放

α7RⅢ + LA-EA3 + SAL2875 28-75mm F2.8 SAM 75mm F5.6
α7RⅢ + LA-EA3 + SAL2875 28-75mm F2.8 SAM 75mm F5.6


感想としては「悪くない」というより意外に気に入ってしまった。

純正GMレンズに比べれば、劣るとはいえ充分解像感もある。

普段使っているレンズに比べれば新しい設計のモノだから当然といえば当然かもしれない。

動き物はともかくとして、ある程度まともなAFが使えるところがいい。

適当な単焦点レンズと、このレンズで今年は釣行してみようと思う。


* 下に表示されている広告のアダプタは、今回の記事で紹介したレンズを使用できます。

----

テーマ:★カメラ&レンズ・機材 - ジャンル:写真

  1. 2018/04/19(木) 00:55:00|
  2. SAL2875 28-75mm F2.8 SAM
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Voigtlander HELIAR 40mm F2.8 と α7RⅢ

Voigtlander HELIAR 40mm F2.8 と A7RⅢ
α7RⅢ + Voigtlander HELIAR 40mm F2.8

今回は、表題のちょっと変わった現行レンズを購入したので、適当に散歩しながら撮った写真をあげていこうと思っているのだが、
自分は、マウントアダプタで失敗をしてしまったので、このレンズに対するアダプタ選びについて書いておこうと思う。

先に、表題のレンズについて軽く説明すると、コシナから販売されているライカMマウントの焦点距離40mm 沈胴式のレンズである。

発売されてから随分経つので、素人の自分が今更説明をしてもあまり面白い話は出来ない。

とは言え、適当に「どっかのブログとかフォト○○バシでも見てよ」というのでは、適当が過ぎるというのものだ。

今回のレンズは少し変わった使い勝手のレンズである以上、最低限 “変わっている” 部分は説明するべきなのだろう。

で、“何” が変わった使い勝手なのか?簡単に言えばピントを操作する為のピントリングというかヘリコイドリングが無いのである。

では、AFレンズなのか?

勿論、そんな事は無い。

ピントはどうやって合わせるのか?

只のM-Eマウントアダプタを使っても無限遠固定のレンズである。

レンズ付きフィルムの写ルンですのように、F16くらいまで絞って使えば案外使えてしまうのかも知れないが流石にそういう事では無い。

このレンズの正しい使い方は、只のライカMマウントの変換アダプタではなく、ヘリコイドによる伸縮機能を持ったアダプタを使ってピントを合わせるのである。

とんだキワモノレンズと言えるのだが、発想は面白い。

前に、改造レンズを組み立てて似たような事をしていた身としては、製品としてコシナが売っているこのレンズを試してみたくなってしまった。

早速、某オークションで2万ソコソコで落札したのだが、品物が届いてから問題に直面してしまう。

このレンズに使うヘリコイド付きアダプタを、レンズ販売元のコシナは純正品として売っているのだが、そういった伸縮機能を持ったアダプタは、フォークスファクトリー製の物を既に持っている。

当たり前のようにアダプタについて純正の物を用意するような事は考えていなかった自分はちょっとした失敗をしてしまった。

既に所有しているアダプタを使えるだろうと思い込み、取り付けを試みたのだが結論はどうやっても取り付ける事が出来なかったのだ。

梯子を外されてしまった思いである。

コシナ製のフォクトレンダー Voigtlander VM-E Close Focus Adapter [クローズフォーカスアダプター]の価格を見てみると希望小売価格で36,800円となっている。

そんなに高い物では無いが20,000円ボチボチで買ったレンズに30,000以上のアダプタをつけたくない。

安い出物や中古は無いかと、ネットで探しても30,000円台である。

この際、純正品を買っても良いと思ったのだが繰り出しストローク4mmのこのアダプタに若干の不満を覚え、なんとか安価で繰り出し量がもう少し有り、且つこのレンズが使えるアダプタを探す事にした。

とりあえず、ライカMマウントのヘリコイドアダプタを持ってる知人か、店頭でいくつか試させて貰えばいい事を思いつき、早速、知人に連絡をしたところ焦点工房のM-Eマウントアダプタを所有しているとの事だった。

後日、知人に職場へ持ってきて貰い、取り付けを試してみるとすんなり取り付ける事が出来た。

焦点工房のアダプタは、今回のレンズ以降に発売された物なので対策済みという事なのかも知れない。

どうにかレンズを使える目処がたった上に、焦点工房のヘリコイド付きアダプタの繰り出し量は6mmである、コシナの物より2mm多く前進できる。

価格もアマゾンで20,420円(記事作成参照時)である。


レンズの入手価格よりも辛うじて安く、且つ繰り出し量も多い。

一番肝心の精度についても、試させて貰ったアダプタは片ボケやガタつきを感じる事は無かったのでアマゾンで購入する事にした。

今回のレンズ購入にあたり、新しいアダプタの購入となってしまったのだが、特に損をしたという思いは無い。

コレはこういう遊びなのだ。

こういった失敗も楽しみのうちと割り切ってしまえばいい。

今回はレンズの写り云々よりも、運用に至るまでがメインとなってしまった感がある。

素人なりのレンズの感想としては、紆余曲折を経てレンズを使ってみたが、いい意味で普通のレンズなので、少々拍子抜けしてしまったというところだろうか?

ヘリコイドアダプタの使用を前提とした面白いレンズなのだが、写りは普通過ぎたのである。

流石に現行レンズという事なのだろう。

普段から古めのレンズで写真を撮っている自分には、充分過ぎる写りといえる。

今回は長い前置きとなってしまったが、いくつか写真をあげて終わりたいと思う。

α7RⅢ + Voigtlander HELIAR 40mm F2.8 開放
α7RⅢ + Voigtlander HELIAR 40mm F2.8 開放
小石川後楽園に行ってみる

α7RⅢ + Voigtlander HELIAR 40mm F2.8 開放
α7RⅢ + Voigtlander HELIAR 40mm F2.8 開放

α7RⅢ + Voigtlander HELIAR 40mm F2.8 開放
α7RⅢ + Voigtlander HELIAR 40mm F2.8 開放
背景によってはボケにざわつきも感じることもあるが概ね問題ない
気になるなら違うレンズを使えばいいのだ

α7RⅢ + Voigtlander HELIAR 40mm F2.8 開放
α7RⅢ + Voigtlander HELIAR 40mm F2.8 開放

α7RⅢ + Voigtlander HELIAR 40mm F2.8 開放
α7RⅢ + Voigtlander HELIAR 40mm F2.8 開放
最短撮影距離を試す
純正アダプタの4mmより2mm前進できる分、最短撮影距離は少なくできる
その分被写界深度も浅くなるが、こういう花の写真ではありといえばありだろう

α7RⅢ + Voigtlander HELIAR 40mm F2.8 開放
α7RⅢ + Voigtlander HELIAR 40mm F2.8 開放

α7RⅢ + Voigtlander HELIAR 40mm F2.8 開放
α7RⅢ + Voigtlander HELIAR 40mm F2.8 開放

α7RⅢ + Voigtlander HELIAR 40mm F2.8 開放
α7RⅢ + Voigtlander HELIAR 40mm F2.8 開放

α7RⅢ + Voigtlander HELIAR 40mm F2.8 F8.0
α7RⅢ + Voigtlander HELIAR 40mm F2.8 F8.0
絞ればそれなりだ、それにしても4人で座れる椅子だろうか?
仲のいい欧米人旅行者だ

α7RⅢ + Voigtlander HELIAR 40mm F2.8 F4.0
α7RⅢ + Voigtlander HELIAR 40mm F2.8 F4.0
場所を六義園に移してみた
この時期は閉園時間を延長して、ライトアップ期間中である

α7RⅢ + Voigtlander HELIAR 40mm F2.8 F5.6
α7RⅢ + Voigtlander HELIAR 40mm F2.8 F5.6
若干手振れしているだろうか、長いシャッターの開放時間から風が吹いたのだろうか
月が写っているのも風情と考えて敢えてアップしておこうと思う

α7RⅢ + Voigtlander HELIAR 40mm F2.8 F8.0
α7RⅢ + Voigtlander HELIAR 40mm F2.8 F8.0

α7RⅢ + Voigtlander HELIAR 40mm F2.8 開放
α7RⅢ + Voigtlander HELIAR 40mm F2.8 開放
抹茶を飲んで帰ることにした
やはりこの時期は混んでいる
抹茶を飲むくらいで少し並んでしまった

素人なりにレンズの感想を言うと、最近のレンズだからだろうか?Eマウントの純正レンズと比べなければ開放から普通に使える描写だと思う。

絞れば当たり前に解像するし、写りに関しては特に困る事はなかった。

自分は、このレンズのもっとも良いところを聞かれれば、写りではなく重さやコンパクトさを挙げるだろう。

沈胴させればパンケーキレンズのようにコンパクトとなり重量も132gだそうだ。

α7RⅢ の572gと足しても704gである、高性能標準ズーム単体よりも200g以上軽い。

ちょっとした、旅行や釣行で活躍できそうだ。

今回はLM-EA7を使用しなかった、低照度時などのAFがあまり使えない状況下ではMFするしかないのだが、無限遠にセットされてピントリングが無いレンズでは余りに不便だったからだ。

状況によっては使えるのだろうが、今回はお留守番してもらうことにした。



* 下に表示されている広告のアダプタは、今回の記事で紹介したレンズを使用できます。

-----

テーマ:★カメラ&レンズ・機材 - ジャンル:写真

  1. 2018/03/29(木) 23:25:00|
  2. Voigtlander HELIAR 40mm F2.8
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Voigtlander NOKTON Classic 40mm F1.4 と α7RⅢ

Voigtlander NOKTON Classic 40mm F1.4 MC と A7RⅢ
α7RⅢ + LM-EA7 + Voigtlander NOKTON Classic 40mm F1.4 MC

表題のレンズでブログを更新するのも何度目だろうか、今回は新しく購入したα7RⅢでの撮影で使ってみることにした。

使ってみる事にしたと言ってるが、それなりの頻度で使用しているレンズである、特別な話では無い。

このレンズの良いところは軽くて小さくて、なんかちょっとカッコいい(あくまで私感)ところだ。

絞りもF1.4スタートでボケもなだらかで、いい印象なのだが作られた年や現行で販売されているレンズのワリには解像感等はあまり無い。

レンズ名にクラッシックと入っているくらいの写りである、そういう写りを求めたレンズという事だろう。

最新のセンサーを搭載されているようなカメラに使用するようなレンズでは無いとも言える。

だが、写真は何も解像感だけで語られるものでは無いと思う。

記録として残すのなら物足りなくても、場の雰囲気や撮影時の良好な感覚だけをなんとなく撮っているだけなら自分には充分だ。

適当に撮って、適当にフンフン言って楽しめればいい。

その程度でいいのである。

α7RⅢ + LM-EA7 + Voigtlander NOKTON Classic 40mm F1.4 MC F8.0
α7RⅢ + LM-EA7 + Voigtlander NOKTON Classic 40mm F1.4 MC F8.0

α7RⅢ + LM-EA7 + Voigtlander NOKTON Classic 40mm F1.4 MC F4.0
α7RⅢ + LM-EA7 + Voigtlander NOKTON Classic 40mm F1.4 MC F4.0

α7RⅢ + LM-EA7 + Voigtlander NOKTON Classic 40mm F1.4 MC F4.0
α7RⅢ + LM-EA7 + Voigtlander NOKTON Classic 40mm F1.4 MC F4.0

α7RⅢ + LM-EA7 + Voigtlander NOKTON Classic 40mm F1.4 MC F8.0
α7RⅢ + LM-EA7 + Voigtlander NOKTON Classic 40mm F1.4 MC F8.0

α7RⅢ + LM-EA7 + Voigtlander NOKTON Classic 40mm F1.4 MC F8.0
α7RⅢ + LM-EA7 + Voigtlander NOKTON Classic 40mm F1.4 MC F8.0

α7RⅢ + LM-EA7 + Voigtlander NOKTON Classic 40mm F1.4 MC F5.6
α7RⅢ + LM-EA7 + Voigtlander NOKTON Classic 40mm F1.4 MC F8.0

α7RⅢ + LM-EA7 + Voigtlander NOKTON Classic 40mm F1.4 MC 開放
α7RⅢ + LM-EA7 + Voigtlander NOKTON Classic 40mm F1.4 MC 開放

α7RⅢ + LM-EA7 + Voigtlander NOKTON Classic 40mm F1.4 MC F5.6
α7RⅢ + LM-EA7 + Voigtlander NOKTON Classic 40mm F1.4 MC F5.6


* 下に表示されている広告のアダプタは、今回の記事で紹介したレンズを使用できます。

(本文で、実際に使われていない物も表示されています)

---

テーマ:★カメラ&レンズ・機材 - ジャンル:写真

  1. 2018/03/06(火) 23:40:00|
  2. Voigtlander NOKTON Classic 40mm F1.4 MC
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

JUPITER 8 50mm F2 と α7RⅢ

JUPITER 50mm F2.0 と A7RⅢ
α7RⅢ + LM-EA7 + JUPITER 50mm F2.0

今回は適当にロシアレンズ

前にもブログで紹介した事あるけど、その時の感想はツアイス ゾナーのコピーで、軽くて小さくて云々を語った気がする。

私感ではあるが、別に素晴らしい写りのレンズでは無い。

今回は何故このレンズなのかというと、碌なコーティングの施されていないレンズだが、この時期はどんより曇って日光も厳しくないし、コーティングは無いけれども強い日光もないので、意外とまともに写っちゃうんじゃないか?

そのぐらいの考えである。

結果としては「まあ、普通だった」夕方ともなれば、それなりにクセのある写りになると思ったが、夕焼けを見る前に真っ暗になってしまった。

最近はあえてグルグルのクセあるレンズを使うのが流行ったりしているらしいが、このレンズにそこまでのクセはない。

せいぜい、強い光源が入るとコントラストの低下があるくらいだろうか?

軽さのワリにあまり持ち出さないレンズだが、特に悪い印象を持ってはいないという事はそれなりに写るレンズという事なのだろう。

とりあえず、LM-EA7にLMの変換リングを取り付けて、いつものなんちゃってAFで適当にフラつくことにした。

α7RⅢ + LM-EA7 + JUPITER 50mm F2.0 F5.6
α7RⅢ + LM-EA7 + JUPITER 50mm F2.0 F5.6

α7RⅢ + LM-EA7 + JUPITER 50mm F2.0 開放
α7RⅢ + LM-EA7 + JUPITER 50mm F2.0 開放

α7RⅢ + LM-EA7 + JUPITER 50mm F2.0 開放
α7RⅢ + LM-EA7 + JUPITER 50mm F2.0 開放

α7RⅢ + LM-EA7 + JUPITER 50mm F2.0 F8.0
α7RⅢ + LM-EA7 + JUPITER 50mm F2.0 F8.0

α7RⅢ + LM-EA7 + JUPITER 50mm F2.0 開放
α7RⅢ + LM-EA7 + JUPITER 50mm F2.0 開放

α7RⅢ + LM-EA7 + JUPITER 50mm F2.0 F4.0
α7RⅢ + LM-EA7 + JUPITER 50mm F2.0 F8.0

α7RⅢ + LM-EA7 + JUPITER 50mm F2.0 開放
α7RⅢ + LM-EA7 + JUPITER 50mm F2.0 開放
雪の日の散歩
東京だってたまには雪も降る
雪の日の夜中に車の雪を下ろしておくことにした

α7RⅢ + LM-EA7 + JUPITER 50mm F2.0 F5.6
α7RⅢ + LM-EA7 + JUPITER 50mm F2.0 F5.6

α7RⅢ + LM-EA7 + JUPITER 50mm F2.0 F8.0
α7RⅢ + LM-EA7 + JUPITER 50mm F2.0 F8.0

α7RⅢ + LM-EA7 + JUPITER 50mm F2.0 開放
α7RⅢ + LM-EA7 + JUPITER 50mm F2.0 開放

α7RⅢ + LM-EA7 + JUPITER 50mm F2.0 開放
α7RⅢ + LM-EA7 + JUPITER 50mm F2.0 F5.6

α7RⅢ + LM-EA7 + JUPITER 50mm F2.0 開放
α7RⅢ + LM-EA7 + JUPITER 50mm F2.0 開放

α7RⅢ + LM-EA7 + JUPITER 50mm F2.0 F8.0
α7RⅢ + LM-EA7 + JUPITER 50mm F2.0 F8.0

α7RⅢ + LM-EA7 + JUPITER 50mm F2.0 F4.0
α7RⅢ + LM-EA7 + JUPITER 50mm F2.0 F4.0
場所変わって後楽園のラクーア

今回の感想としては、「以外に写った」、コレに尽きる。

古いレンズだが、問題になるようなこともなかった。

雨の中の撮影時に、水滴がレンズに入ってしまわないだろうか?と心配になった程度だ。

傘をさしながら、肩からカメラをかけていたのだが特に困る事はなかった。


* 下に表示されている広告のアダプタは、今回の記事で紹介したレンズを使用できます。

(本文で、実際に使われていない物も表示されています)
----

テーマ:★カメラ&レンズ・機材 - ジャンル:写真

  1. 2018/02/09(金) 19:55:00|
  2. JUPITER 8 50mm F2
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

カウンター

プロフィール

yoshiyashi

Author:yoshiyashi
とりあえず、楽しめれば良い

カレンダー

10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

月別アーカイブ

最新記事

最新コメント

カテゴリ

未分類 (1)
カメラ (2)
マウントアダプタについて (4)
MINOLTA MC MD(SR系) (10)
AUTO ROKKOR PF 55mm F1.8 (1)
MINOLTA MD ROKKOR 50mm F1.4 (55φ) (1)
MC ROKKOR 58mm F1.4 (4)
MC ROKKOR 58mm F1.2 (2)
MINOLTA NEW MD 50mm F2.0 (1)
MD ZOOM 35-70mm F3.5 (1)
(C/Y) CONTAX (2)
(C/Y) CONTAX Carl Zeiss Planar T* 50mm F1.4 (2)
(C/Y) CONTAX Carl Zeiss Sonnar T* 135mm F2.8 (0)
Contax G (15)
CONTAX G Biogon T* 21mm F2.8 (1)
CONTAX G Biogon T* 28mm F2.8 (2)
CONTAX G Planar T* 35mm F2.0 (1)
CONTAX G Planar T* 45mm F2.0 (9)
CONTAX G SONNAR T* 90mm F2.8 (1)
CONTAX G Vario-Sonnar T* 35-70mm F3.5-5.6 (1)
Contax N (7)
CONTAX N Planar T* 50mm F1.4 (3)
CONTAX N Planar T* 85mm F1.4 (1)
CONTAX N Vario-Sonnar T* 24-85mmF3.5-4.5 (3)
Asahi Super Takumar 55mm F1.8 (1)
FA43mmF1.9 Limited (2)
FA77mmF1.8 Limited (1)
Voigtlander (12)
Voigtlander COLOR SKOPAR 21mm F4P (1)
Voigtlander NOKTON Classic 40mm F1.4 MC (5)
Voigtlander HELIAR 40mm F2.8 (1)
Voigtlander NOKTON 50mm F1.1 (3)
Voigtlander SEPTON 50mm F2.0 (2)
千代田光学 SUPER ROKKOR 45mm F2.8 (1)
LEICA SUMMICRON-M 50mm F2.0 (1)
JUPITER 8 50mm F2 (2)
INDUSTAR-61L/Z-MC-50mm-F2.8-(M42) (2)
EBC FUJINON 55mm F1.8 (2)
改造レンズ (7)
ROKKOR-QF 40mm F1.7 (2)
FUJINON 38mm F2.8 (2)
COLOR YASHINON DX 40mm F1.7 (2)
kodak Ektar 44mm F3.5 (1)
SEL1635Z Vario-Tessar T* FE 16-35mm F4 ZA OSS (3)
SEL55F18Z Sonnar T* FE 55mm F1.8 ZA (1)
車 (1)
RICOH XR RIKENON 50mm F2 (1)
SAL2875 28-75mm F2.8 SAM (1)
TAMRON 28-75mm F/2.8 Di III RXD (A036) (0)

最新トラックバック

広告

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。