趣味とか道楽とか

hobby and hobbies

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

FA43mmF1.9 Limited と α7R

FA43mm


今回、紹介するFA43mmF1.9 Limitedというレンズはペンタックスの最近のレンズである。

ペンタックスのFAと名前に付くレンズはフルサイズ用レンズだそうだ。

描写や解像も、いままで記事に紹介しているオールドレンズの類いに比べると、素人の自分でもわかるほどにとても良い。

某価格系掲示板によるとFA Limitedシリーズはペンタックスユーザーなら手に入れておきたいレンズだそうである。

しかし、自分はペンタックスのカメラを持っていない。

購入にあたっていくつか動機はあるが、その中のひとつに、このレンズを本来の画角で使用したいというのがあった。

現在、ペンタックスからはフルサイズセンサを搭載した、カメラは発売されておらず。

本来の画角で使用する為には、ペンタックスのフィルム機で使用するか、

canon にアダプタでフルサイズ機に取付けなければ、使用する事は出来ない。

本家のペンタックスユーザーでさえデジタルで使用するには、

APS-Cの画角でしか使う事が出来ないレンズを、SONYのα7Rで使用できるというのは面白い。

これが、主な購入動機である。

ネタに走ったつもりは無いのだが振り返って考えて見ると、甚だ疑問も残る。

ただ、ペンタックスユーザーの特権の様に語られるレンズである。

興味が湧かない訳がない。

α7Rのフランジバックであればアダプタを使って、各メーカーのマウントの垣根を越えて、この特権を享受出来るのである。

素人ながら試してみたいと思い購入してみた。

ただ、FA77mmF1.8 Limitedも同時に購入したのだが双方の使用頻度を比べるとFA43mmは、あまり持ち出していない。

この標準域に近い画角のレンズは、新旧入り混じって複数所有しているので、必然的に持ち出し回数が減ってしまうのだ。

FA43mm

レンズ自体は小さくてコンパクト、アルミで出来ており非常に軽い、残念なのはアダプタのほうが若干大きいところである。

先日、釣行時に携行したので、いくつか画像を上げようと思う


F1.9
α7R+FA43mmF1.9 Limited F1.9開放
このレンズの絞り開放描写は気に入っている
ピントの合焦している部分は、普段つけている古いレンズと違いシャープである。
画角も使いやすい。

F4
α7R+FA43mmF1.9 Limited F4.0


F8
α7R+FA43mmF1.9 Limited F8.0



F1.9
α7R+FA43mmF1.9 Limited F1.9開放
とまっている猫であれば・・・
MFでの撮影になるが、開放時の方がコントラストが分かりやすく、ピーキングによる撮影はしやすいように感じる。

F1.9
α7R+FA43mmF1.9 Limited F1.9開放
朝日が入るような、撮影だと若干のコントラストの低下も感じるが、それでも、シャープだと思う。

F1.9
α7R+FA43mmF1.9 Limited F8
逆光ではあるが、目立ったフレア等も見受けられない。



かなり気に入っている。

あくまで個人的な意見であるが、絞り開放時の周辺減光はそれなりにある。

私的には、Photoshop Lightroom等を使って気に入らなければ調整すれば問題ない。

又、最近のレンズであることからレンズプロファイルも用意されている。

好みで使用すれば歪曲等も修正されて、容易に表現の選択肢を増やすことができると思う。




* 下に表示されている広告のアダプタは、今回の記事で紹介したレンズを使用できます。
  (本文で、実際に使われていない物も表示されています)

PENTAX マウントアダプタ

            










スポンサーサイト

テーマ:写真 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2014/05/13(火) 04:00:09|
  2. FA43mmF1.9 Limited
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

MC ROKKOR 58mm F1.2 と α7R

MC ROKKOR 58mm F1.2


ふと、思い立ち、今更ながらと考えつつも、子供の頃に使っていたミノルタのSRT101で、写真を撮りたくなってしまった。

早速、オークションで3台ほど入手して、それぞれの痛んでない部分を使い、綺麗な1台を仕立ててみようと思ったのだが

入手した3台のカメラのなかに、今回の記事のレンズである、MCのたぶん前期 58mm F1.2が同梱されてきた。

F1.2という、数値はなかなかに強烈である。

単体で買えば、そこそこの価格のはずであるが、SRT101本体と足して8000円ほどであった。

かなりのお得感である。オークションで掘り出し物と言ったところだろうか。

外観は非常に綺麗でスレなどもあまりない。

前オーナーは、あまり使用しなかったのだと思う。

しかし、後玉に若干のカビ跡があったのは残念だった、それと絞り羽が動かない

更にヘリコイドは、かなり固く、これで、ピントを合わせるのは修業かもしれない。

諦めきれず、カニ目を使って分解清掃したのだが、素人整備である。

とりあえず、チリ埃を除去し

ヘリコイドに556(笑 を垂らして柔らかくした。

動かない絞り羽根は、油分を含んでいたようなので、丹念に無水アルコールと綿棒を使い清掃した。

後玉のカビ跡は完全には除去出来なかったが、撮影には影響ないだろうと思う。

しかし、組み付けの際に絞り環のクリック用の極小ボールを紛失してしまった。

失敗である・・・、どうしても探し出せない。

仕方がないので、今回手に入れた他のSRT101に同梱されていた MC 50mm F1.7を分解しボールを取り出した。

が、またもや紛失・・・

更に仕方なくオークションにて、600円程度のジャンクなレンズを落札して分解。

3度目にて、どうにか組み付けられた。

早速、使ってみた感想としては、やっぱり明るい。

それと、被写界深度が浅い、開放1.2では合焦範囲が非常に狭い、

使いにくいのでは?と、思ったがF4まで絞れば58mmF1.4とそんなに変わらない。

解像や周辺の減光など、いつも言っているが現在のレンズとは比べても仕方ない。

古いレンズである。それなりである。

ただ、3m以上先の被写体に開放でピントを合わせた際に、なるほどF1.2とは、こういうのか・・・と、思わされた。

被写体のエッジは若干甘くなるが、合焦している部分としていない部分の落差が激しく、そのせいか立体感を感じる。

素人ながら自身の描写の表現として、この特性を使った撮影をしたいと思わされた。

思い掛けず入手したレンズではあるけれど随分、気に入ってしまった。

MC ROKKOR 58mm F1.2 F1.2
α7R+MC ROKKOR 58mm F1.2 F1.2開放
一応、一番手前のベンチの肘掛部分にピントを合わせている。
ピントを合わせても等倍でチェックすると甘く感じるのだが、ピントの合っていない部分との落差から浮き上がって見える。
やわらかさの中に、特有の立体感がある。
周辺減光もそれなりにあるので、こういう描写を許せないタイプの人には勧められないと思う。
ペンタックスのFA77リミテッドを使う感覚に似ている様に思う。

MC ROKKOR 58mm F1.2 F4.0
α7R+MC ROKKOR 58mm F1.2 F4.0
F4まで絞ると、58mm F1.4とさして変わらない描写だと思うが、比較をしていないのでなんとも・・・

MC ROKKOR 58mm F1.2 F8.0
α7R+MC ROKKOR 58mm F1.2 F8.0
ここまで絞るともう普通のレンズとしか素人の自分には感想を思いつかない。
悪くないと思う。


MC ROKKOR 58mm F1.2 F1.2
α7R+MC ROKKOR 58mm F1.2 F1.2開放
被写体がどうにもアレだが、中央よりやや上の電柱の碍子部分にピントを合わせている。
構図的に空の部分が増えると周辺減光が目立ってくるが、私的には味と捕らえる事で自己解決している。
気に入らなければRAW現像時に、周辺の光量を調整すればいいだけである。

MC ROKKOR 58mm F1.2 F4
α7R+MC ROKKOR 58mm F1.2 F4.0
こちらのF4になると減光も特に感じない。

MC ROKKOR 58mm F1.2 F1.2
α7R+MC ROKKOR 58mm F1.2 F1.2
被写界深度の浅さから、背景の花はボケているが、前回紹介した JUPITER 8 50mm F2 より
ボケの質は柔らかに感じる。

MC ROKKOR 58mm F1.2 F4
α7R+MC ROKKOR 58mm F1.2 F4.0
F4まで絞れば、背景の輪郭もそこそこ出てくる、背景としては1.2開放の描写の方が私的には好みといえる。


あくまで素人意見ではあるが、F4より絞るなら、58mm F1.4の普及版を使ってもたいして変わらないように思うが、

「鷹の目」とまで言われたレンズである。

使い込めば、多種多様な描写を見せてくれるのかもしれない。

何より、手に入れたというより、手に入ってしまったレンズである。

製造から、40年以上経っている固体ではあるが、巡り巡って自分の手元に来たのも何かの縁だろう。

今後、機会があれば散歩に持って歩こうと思う。

* 他の MC ROKKOR 58mm F1.2 まとめ


* 下に表示されている広告のアダプタは、今回の記事で紹介したレンズを使用できます。
  (本文で、実際に使われていない物も表示されています)

----
--



テーマ:写真 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2014/05/07(水) 01:36:07|
  2. MC ROKKOR 58mm F1.2
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

JUPITER 8 50mm F2 と α7R

前回から少し間が空いてしまったけど今回も、レンジファインダー機のレンズの話し

α7R jupiter 50mm F20


今回のレンズは、JUPITERである。

ジュピターと読むかユピテルと読むか諸説あるが、ここではJUPITERでいこうと思う。

幾つか種類があるのだが、自分の所有しているのは、50mmF2のL39マウントの物である。

自分の個体の製造年は1954年で、ソヴィエト時代の非常に古いレンズだ。

60年前のレンズなので描写や画質は、素人の自分が掘り下げて語ってもしょうがない。

購入動機は、「安かった」 コレに尽きる。

もう一つは、シルバーの外観がカッコ良く見えたのと、いろんな物を通り越してオシャレに感じたからだ。

オシャレに感じたくらいなので、当然の事ながら、外観は目立つ傷等が無い物をオークションで探した。

まあ、幾つか候補をウオッチリストに登録して、どうにか綺麗というか、マシな個体を手に入れた。

値段は、9000円程である。

届いて一番最初に感じたのは軽いという事、真鍮などの金属製だと勝手に思い込んでいたのだが、どうやらアルミ製のようだ。

正直なところ写りは、まったく期待していなかったが、ツアイス ゾナーのコピーだそうである。

そのせいか普通に写る・・・逆光には弱いがそんなのは当たり前だ。

最短撮影距離が、1mと長いのが欠点のような気もするが、レンジファインダーのレンズは、このくらい普通である。

ただ、やはり使いずらい。

それと、ソヴィエト製、つまり made in U.S.S.Rである。造りも悪いと決め付けていたのだが、これも自分の個体は普通である。

この年代の普通のレンズなのだろう、悪くない。

マウントアダプタはレンズがシルバーなので、アダプタも三晃精機のLマウント用を使っている。

一体感があってこれはいいと思う。

このマウントアダプタはNEX6を使用していた頃に購入した物なのでAPS-C用になっていったのだが

内部にあるフレアカッターを、知り合いに旋盤で削り取ってもらったのでフルサイズのα7Rでもケラれはない。

これ一本で、ブラブラと散歩がてら写真を撮るのは躊躇するが、何本か持っている中に追加して歩くのはいいかもしれない。

キャップ代わりにしていると、軽いしおしゃれな気もする。

あくまで、私感だが・・・



いくつか、画像を入れるが、かなり扱いに難儀した。

最短撮影距離が1mというのは、どうにも難しい。

いつもどおり、Photoshop Lightroomにて傾き等を弄っているのだが、今回はコントラストもやや濃い目にしている。

JUPITER 8 50mm F2 01
α7R+JUPITER 8 50mm F2 F2.0開放
一応手前の杭にピントを合わせているが等倍チェックすると、さすがに開放ではかなり甘い感じになる。
周辺の減光もかなりあるのだが、この辺は味という解釈が出来れば、どうという事は無い。

JUPITER 8 50mm F2 02
α7R+JUPITER 8 50mm F2 F4.0
このくらいまでの絞りが実用的と思う。

JUPITER 8 50mm F2 03

α7R+JUPITER 8 50mm F2 F8.0
ここまで絞るとオールドレンズだから、どうこうというのも無くなってしまう。

JUPITER 8 50mm F2 F2.0
α7R+JUPITER 8 50mm F2 F2.0開放

JUPITER 8 50mm F2 F4.0
α7R+JUPITER 8 50mm F2 F4.0

JUPITER 8 50mm F2 F8
α7R+JUPITER 8 50mm F2 F8.0

素人感想ではあるけれども上の3枚を見ても、やはりF4あたりの描写が自分の好みだ。
開放では、少し悩ましい・・・

撮影時は曇っていたので、フレアによるコントラストの低下を感じなかったが、晴天ともなればイロイロあるのかもしれない。

DSC00872.jpg
α7R+JUPITER 8 50mm F2 F2.0開放
開放時のボケがどうにも油絵のようで、ガサついているように感じてしまう。
個人の総評としては、このレンズの被写体には花や木といったものは適さないのかもしれないと思った。
機会があれば、街中で適当にスナップを撮ってみたい。




* 下に表示されている広告のアダプタは、今回の記事で紹介したレンズを使用できます。
  (本文で、実際に使われていない物も表示されています)

L39 マウントアダプタ

    
























テーマ:写真 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2014/05/06(火) 22:33:49|
  2. JUPITER 8 50mm F2
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

カウンター

プロフィール

yoshiyashi

Author:yoshiyashi
とりあえず、楽しめれば良い

カレンダー

04 | 2014/05 | 06
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

月別アーカイブ

最新記事

最新コメント

カテゴリ

未分類 (1)
カメラ (1)
マウントアダプタについて (4)
MINOLTA MC MD(SR系) (9)
AUTO ROKKOR PF 55mm F1.8 (1)
MINOLTA MD ROKKOR 50mm F1.4 (55φ) (1)
MC ROKKOR 58mm F1.4 (3)
MC ROKKOR 58mm F1.2 (2)
MINOLTA NEW MD 50mm F2.0 (1)
MD ZOOM 35-70mm F3.5 (1)
(C/Y) CONTAX (2)
(C/Y) CONTAX Carl Zeiss Planar T* 50mm F1.4 (2)
(C/Y) CONTAX Carl Zeiss Sonnar T* 135mm F2.8 (0)
Contax G (15)
CONTAX G Biogon T* 21mm F2.8 (1)
CONTAX G Biogon T* 28mm F2.8 (2)
CONTAX G Planar T* 35mm F2.0 (1)
CONTAX G Planar T* 45mm F2.0 (9)
CONTAX G SONNAR T* 90mm F2.8 (1)
CONTAX G Vario-Sonnar T* 35-70mm F3.5-5.6 (1)
Contax N (7)
CONTAX N Planar T* 50mm F1.4 (3)
CONTAX N Planar T* 85mm F1.4 (1)
CONTAX N Vario-Sonnar T* 24-85mmF3.5-4.5 (3)
Asahi Super Takumar 55mm F1.8 (1)
FA43mmF1.9 Limited (2)
FA77mmF1.8 Limited (1)
Voigtlander NOKTON Classic 40mm F1.4 MC (4)
Voigtlander NOKTON 50mm F1.1 (3)
Voigtlander SEPTON 50mm F2.0 (2)
千代田光学 SUPER ROKKOR 45mm F2.8 (1)
LEICA SUMMICRON-M 50mm F2.0 (1)
JUPITER 8 50mm F2 (1)
INDUSTAR-61L/Z-MC-50mm-F2.8-(M42) (2)
EBC FUJINON 55mm F1.8 (2)
改造レンズ (7)
ROKKOR-QF 40mm F1.7 (2)
FUJINON 38mm F2.8 (2)
COLOR YASHINON DX 40mm F1.7 (2)
kodak Ektar 44mm F3.5 (1)
SEL1635Z Vario-Tessar T* FE 16-35mm F4 ZA OSS (3)
SEL55F18Z Sonnar T* FE 55mm F1.8 ZA (1)
車 (1)
RICOH XR RIKENON 50mm F2 (1)

最新トラックバック

広告

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。