趣味とか道楽とか

hobby and hobbies

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

MC ROKKOR 58mm F1.4 と α7R

α7R+MC 58mmF1.4


今回は、既に紹介した事もある MC ROKKOR 58mm F1.4 を付けて、散歩してきたので何枚か写真をあげておこうと思う。

他にも、ブログで紹介していない手持ちのレンズは、たくさんあるのだが思うところもあって、このレンズの写真でブログを更新することにした。

偉そうな事を言っているが、実際は大した事はない。

父が亡くなって1年近く経つのだが、亡き父への催事の会場申し込みや調整、連絡をしている時に、このレンズでの撮影を思いついたのだ。

小学生の時に父が始めて貸してくれた SRT101 と、 このレンズはどんなカメラとレンズを使っている時でも、時々、思い出す。

自分にとっての写真とか、カメラというものは、ここから始まっているからだろう。

もっとも、別にたいした写真も撮れないし、素晴らしいカメラの操作をしている事も全くない。

ただ、気になるものがあれば構えて、シャッターを押すだけだ。

そこに、芸術や作品と言われる物や、何かを訴える写真は撮れていないし、多分撮ろうともしていないだろう。

シャッターボタンを押す瞬間だけ、それなりの誠意と情熱で、人差し指でボタンを押し込む。

前にも言った事ではあるが、只々、シャッターボタンを押す、それだけだ。

素人の写真なんて、それでいい。

私が小学生の時に父が晩酌をしながら、撮った写真を見て、コレはイイとかフィルムの無駄など、好き勝手な事を言っていたのを思い出す。

適当にアルコールの入った父から見て、面白ければそれで良かったのだろう。

あの頃は、それなりに真剣に考えて写真を撮っていたのだろうか、そんな父の態度に不満を感じた事もあったと思うのだが、何せよ小学生の頃の私だ。

自分自身の子供の理屈で、不満に思ったり褒められて嬉しく思ったりしたに違いない。

今回、散歩に持って歩いて適当にスナップを撮ってみたが、やっぱりというか当たりまえの様に、たいした写真は撮れていない。

それでも、α7RのEVFファインダーを覗いている時は、小学生だった自分を思い出しながらピントを合わせられた。

たまには、こういう気持ちで写真を撮ってもいいだろう。

このブログは、素人が適当に独り言をブツブツ言いながら、撮った写真を無責任にあげるブログだ。

そう、適当でいいのだ・・・

α7R+MC 58mmF1.4 F1.4
α7R+MC 58mmF1.4 F1.4

α7R+MC 58mmF1.4 F5.6
α7R+MC 58mmF1.4 F5.6

α7R+MC 58mmF1.4 F5.6
α7R+MC 58mmF1.4 F5.6

α7R+MC 58mmF1.4 F4.0
α7R+MC 58mmF1.4 F4.0

α7R+MC 58mmF1.4 F1.4
α7R+MC 58mmF1.4 F1.4

α7R+MC 58mmF1.4 F2.8
α7R+MC 58mmF1.4 F2.8
下へ傾けて撮影している時はいいのだが

α7R+MC 58mmF1.4 F4.0
α7R+MC 58mmF1.4 F4.0
少し上へ傾けて、光源が入ってしまえば、フレアやらゴーストやらが

α7R+MC 58mmF1.4 F1.4
α7R+MC 58mmF1.4 F1.4

α7R+MC 58mmF1.4 F4.0
α7R+MC 58mmF1.4 F4.0

α7R+MC 58mmF1.4 F1.4
α7R+MC 58mmF1.4 F1.4
このレンズのボケの溶け方は嫌いじゃない

α7R+MC 58mmF1.4 F4.0
α7R+MC 58mmF1.4 F4.0
たまには、肉だっていいとは思う。

α7R+MC 58mmF1.4 F1.4
α7R+MC 58mmF1.4 F1.4
鳥獣戯画展へ

α7R+MC 58mmF1.4 F8.0
α7R+MC 58mmF1.4 F8.0
LRにて、傾きやパースを自動補正してみた。

α7R+MC 58mmF1.4 F8.0
α7R+MC 58mmF1.4 F8.0

α7R+MC 58mmF1.4 F4.0
α7R+MC 58mmF1.4 F4.0
ローライにフィルムを詰めて、携行しているのだが、なかなかフィルムは使い切れない。

他のMC ROKKOR 58mm F1.4


* 下に表示されている広告のアダプタは、今回の記事で紹介したレンズを使用できます。
  (本文で、実際に使われていない物も表示されています)

MD、MC、SR系 マウントアダプタ

            




スポンサーサイト

テーマ:★カメラ&レンズ・機材 - ジャンル:写真

  1. 2015/06/15(月) 01:58:14|
  2. MC ROKKOR 58mm F1.4
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

改造レンズ(ヤシカ エレクトロ35 GX 40mm 1.7) と α7R 撮影編

今回は、前回Eマウント化したヤシカ エレクトロ 35 GXというコンパクトカメラの

COLOR YASHINON DX 40mm F1.7というレンズで適当に写真を撮ってみたので紹介しようと思う。

製作編の参照はコチラ


毎度の事ながら、写真を撮ってみたと偉そうだが本当に撮ってみただけである。

作例として、微妙なものも含まれるが参考になれば幸いである。

適当にスナップを撮ってみた感想としては、前回の製作編でも記していたのだが

「当たり前のように逆光には強くないし、周辺の減光もある。」

このくらいの年代では当たり前の事なのだろう。

もっとも、フィルムを使って実機を使って撮影すれば、多少は変わってくる話しなのかもしれない。

手に入れた個体は、レンズのまともそうなジャンク品だったので、実機を試す事が出来なかったのだ。

いつもの様に適当な試写ではあるがRAWをPhotoshop Lightroom 5にて現象しているので、RAW現像込みでの描写として見ていただきたい。

COLOR YASHINON DX 40mm F1.7 開放
COLOR YASHINON DX 40mm F1.7 開放
開放では周辺の減光は顕著だ。

COLOR YASHINON DX 40mm F1.7 F4.0
COLOR YASHINON DX 40mm F1.7 F4.0
F4.0まで絞っても減光は残る。

COLOR YASHINON DX 40mm F1.7 F8.0
COLOR YASHINON DX 40mm F1.7 F8.0
ここまでくれば古いレンズで、どうこうということはなさそうだ。

COLOR YASHINON DX 40mm F1.7 開放
COLOR YASHINON DX 40mm F1.7 開放
夜間での撮影であれば、開放F1.7というのはそれなりに使えるといったところだろうか?
自分はこれで充分だと思うのだが、個人差というより許容範囲は人それぞれだろうと思う。

COLOR YASHINON DX 40mm F1.7 開放
COLOR YASHINON DX 40mm F1.7 開放
光源の位置で、周辺減光はかなり変わってくる
味だと思って割り切れば私的には問題ない。

COLOR YASHINON DX 40mm F1.7 F8.0
COLOR YASHINON DX 40mm F1.7 F8.0
F8.0まで絞ると普通にカッチリの写りと思う。

COLOR YASHINON DX 40mm F1.7 開放
COLOR YASHINON DX 40mm F1.7 開放
太陽を入れて撮影してみたが当然フレアだったりゴーストだったりは出る。
こういうものと思えば別に問題はない。
最新のレンズではないのだから、こういった描写は味だと思えばいいのだろう。

COLOR YASHINON DX 40mm F4.0
COLOR YASHINON DX 40mm F4.0
LRでビビッドな設定を試してみた。
多少どぎつい感じだろうか

COLOR YASHINON DX 40mm F1.7 F5.6
COLOR YASHINON DX 40mm F5.6
空を写すと当たり前のように周辺の減光が発生する。
まあ、味なのである。

COLOR YASHINON DX 40mm F1.7 開放
COLOR YASHINON DX 40mm F1.7 開放

COLOR YASHINON DX 40mm F1.7 開放
COLOR YASHINON DX 40mm F1.7 開放
夜間の開放の描写は結構気に入ってしまった。

写りとしては、前に改造レンズで紹介した minolta HI-MATIC E の ROKKOR-QF 40mm F1.7 と焦点距離と開放F値は同じだが、若干マイルドに感じる。

解像についても甲乙つけがたいが、ROKKOR-QF 40mm F1.7のほうが若干上なのかもしれない?

ただ、こちらのほうが発色もマイルドな気もする・・・

所詮、素人が何か感じても勘違いや思い込みもあるだろう。

アテには、ならない。

はっきりわかる印象としては、元レンズの鏡胴を使えたこともあり、絞り操作も扱いやすい。

ヘリコイドの感触も悪くなく、いたって普通のマニュアルレンズである。

ここのところつけっぱなしにするくらいには、気に入っている。

自分で改造したのだ、思い入れもあるのだろう。

多少、古臭い写りでも私的には充分なのである。



* 下に表示されている広告の商品は、今回の記事で紹介した材料です。

 -  -  - -

テーマ:★カメラ&レンズ・機材 - ジャンル:写真

  1. 2015/06/01(月) 00:24:15|
  2. COLOR YASHINON DX 40mm F1.7
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

カウンター

プロフィール

yoshiyashi

Author:yoshiyashi
とりあえず、楽しめれば良い

カレンダー

05 | 2015/06 | 07
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

月別アーカイブ

最新記事

最新コメント

カテゴリ

未分類 (1)
カメラ (1)
マウントアダプタについて (4)
MINOLTA MC MD(SR系) (9)
AUTO ROKKOR PF 55mm F1.8 (1)
MINOLTA MD ROKKOR 50mm F1.4 (55φ) (1)
MC ROKKOR 58mm F1.4 (3)
MC ROKKOR 58mm F1.2 (2)
MINOLTA NEW MD 50mm F2.0 (1)
MD ZOOM 35-70mm F3.5 (1)
(C/Y) CONTAX (2)
(C/Y) CONTAX Carl Zeiss Planar T* 50mm F1.4 (2)
(C/Y) CONTAX Carl Zeiss Sonnar T* 135mm F2.8 (0)
Contax G (15)
CONTAX G Biogon T* 21mm F2.8 (1)
CONTAX G Biogon T* 28mm F2.8 (2)
CONTAX G Planar T* 35mm F2.0 (1)
CONTAX G Planar T* 45mm F2.0 (9)
CONTAX G SONNAR T* 90mm F2.8 (1)
CONTAX G Vario-Sonnar T* 35-70mm F3.5-5.6 (1)
Contax N (7)
CONTAX N Planar T* 50mm F1.4 (3)
CONTAX N Planar T* 85mm F1.4 (1)
CONTAX N Vario-Sonnar T* 24-85mmF3.5-4.5 (3)
Asahi Super Takumar 55mm F1.8 (1)
FA43mmF1.9 Limited (2)
FA77mmF1.8 Limited (1)
Voigtlander NOKTON Classic 40mm F1.4 MC (4)
Voigtlander NOKTON 50mm F1.1 (3)
Voigtlander SEPTON 50mm F2.0 (2)
千代田光学 SUPER ROKKOR 45mm F2.8 (1)
LEICA SUMMICRON-M 50mm F2.0 (1)
JUPITER 8 50mm F2 (1)
INDUSTAR-61L/Z-MC-50mm-F2.8-(M42) (2)
EBC FUJINON 55mm F1.8 (2)
改造レンズ (7)
ROKKOR-QF 40mm F1.7 (2)
FUJINON 38mm F2.8 (2)
COLOR YASHINON DX 40mm F1.7 (2)
kodak Ektar 44mm F3.5 (1)
SEL1635Z Vario-Tessar T* FE 16-35mm F4 ZA OSS (3)
SEL55F18Z Sonnar T* FE 55mm F1.8 ZA (1)
車 (1)
RICOH XR RIKENON 50mm F2 (1)

最新トラックバック

広告

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。