趣味とか道楽とか

hobby and hobbies

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

CONTAX N Vario-Sonnar T* 24-85mmF3.5-4.5 と α7RⅡ (fringer)

α7RⅡ + CONTAX N Vario-Sonnar T* 24-85mmF3.5-4.5
Contax N用のAFアダプタを、購入してみたので N用 Vario-Sonnar T* 24-85mmF3.5-4.5を、何日かα7RⅡで使ってみた。

製作者の紹介動画は、http://youtu.be/h8gKvjT1uNo である。

AFアダプタの出来については写りや取り付けに、特に問題となるような部分はないようだ。

AF精度については、純正のLA−EA3などに近い、特に悪いという事はないと思える。

このAFアダプタは、fringerが製作したものだが、fringerというのは人物なのか?会社の名前なのか?マウントアダプタの名前なのか?正直に言えば、よくわからない。

ネット通販で手に入れたのだが、実際に手元に来るか?とか、ちゃんと動くのだろうか?

と ”?” ばかりで、かなり不安であった。

このマウントアダプタの購入時の段階では、情報が極端に少なかったのだ。

不安を感じつつも注文したが、すぐ確認のメールが届いた。

翌日には発送された旨のメールの届き、その後、品物はEMSで3日程で届いた。

不安な中での注文ではあったが、あまりにも普通だったので拍子抜けしてしまった。

とりあえず、簡単な包装を開け早速取り付けたのだが、特に引掛りなど無く、これもまた、普通に取り付ける事が出来た。

動作については、最初は疑心暗鬼だったのだが、またまたこれも普通に動いた。

一度だけ、接触不良だろうか?AFが動かない事があったのだが、アダプタを取り付け直したら正常に戻った。

ブラックアウトやフリーズといったCONTAX G の AFアダプタにあるような不自然な動作は現時点では、殆ど見られない。

まったくもって普通だ。

今回、入手した物は、ファームウェアをα7RⅡに対応させたものらしい。

前バージョンのファームウェアを使用している人でも、送付すれば有料で書き換えてもらえるようだ。

私的な感想としては、α7RⅡで使用するぶんには、AFは相当早い部類だと思うが、α7Rではやや遅い。

このα7RⅡで早くα7Rでは遅いというのは、LA−EA3と同じような感覚だ。

しかし、概ね良いことばかり言ってはいるが、手放しで絶賛するほどではない。

それなりにクセがある。

私は基本的にフレキシブルスポットで、AFの合焦箇所をきめて撮影する事が多いのだが、このAFアダプタは合焦箇所を中央より大きく外すと暗所では、全く合焦しなくなってしまう。

中央近辺であれば、かなりの精度が出ているだけに残念だ。

とはいえ、MFで使用する事も出来るのだから、どうにもならないという事もない。

MFとAFの切り替え方法については、独特な操作で移行するのだが、躊躇するほどではない。

切り替え方法は、電源投入時の絞り環の位置が、関係している。

MFモードへの移行方法としては、絞りを最小にして電源を投入するとMFモードとして起動する、これによって操作の挙動は一般的なマニュアルレンズのようになる。

AF時には解放測光で動作する電気的な絞りも、マニュアルモードでは実絞り測光となる。

絞り環の回転動作で、電気的に絞りの開閉は行われ、カメラ本体の絞りダイヤルは反応しなくなる。

このMFモード状態では、拡大マニュアル撮影も出来、普通のマニュアルレンズを使用する撮影と変わらないのだが、電化されている為、exifには焦点距離も記録されるし、α7RⅡの手ブレ補正も使えるようになる。

偉そうな物言いになるが、それなりによく考えてあるアダプタだと思う。

AFモードに戻すには、電源を切った後、絞りの位置を最小 "以外" にセットして電源を再投入すればいい。

電源の入切を切り替え操作の合間に入れる為、カメラの起動を遅いと感じている人にはじれったく感じるだろうか?

私的には、じれったくは感じても誰が作ったのも知れない、社外マウントアダプタである事を考えれば充分だと思っている。

なんにせよ、AFできるのである、これで充分だ。

もし、このブログを見てこのAFアダプタを購入しようと思っても、無責任と言われようが自分としては、あくまで自己責任でお願いしたい。

お金を払って購入したが、全くよくわからないのだ。

今回は、「こういうの買ったよ。」 それだけの事として、受け止めていただきたい。

何枚か写真をあげておこうと思うが、いつもの素人写真である。

AFが使えるからといって劇的に、良い写真が撮れる訳ではない。

ただ、楽になる、それだけだと言えるだろう。

いつもどおりの素人写真が、参考になれば幸いである。

α7RⅡ + CONTAX N Vario-Sonnar T* 24-85mmF3.5-4.5 F8.0
α7RⅡ + CONTAX N Vario-Sonnar T* 24-85mmF3.5-4.5 F8.0
万世橋近辺、いきなり暗めの写真で申し訳ないとも思うが、会社勤めの身から平日昼間からブラブラ出来ないのは、察して欲しい。

α7RⅡ + CONTAX N Vario-Sonnar T* 24-85mmF3.5-4.5 F8.0
α7RⅡ + CONTAX N Vario-Sonnar T* 24-85mmF3.5-4.5 F8.0

α7RⅡ + CONTAX N Vario-Sonnar T* 24-85mmF3.5-4.5 F8.0
α7RⅡ + CONTAX N Vario-Sonnar T* 24-85mmF3.5-4.5 F8.0

α7RⅡ + CONTAX N Vario-Sonnar T* 24-85mmF3.5-4.5 F8.0
α7RⅡ + CONTAX N Vario-Sonnar T* 24-85mmF3.5-4.5 F8.0
ミニチュア撮影している訳ではなく本当にミニチュアを撮影している。
昔の万世橋駅なのだそうだ。

α7RⅡ + CONTAX N Vario-Sonnar T* 24-85mmF3.5-4.5 F8.0
α7RⅡ + CONTAX N Vario-Sonnar T* 24-85mmF3.5-4.5 F8.0

α7RⅡ + CONTAX N Vario-Sonnar T* 24-85mmF3.5-4.5 F8.0
α7RⅡ + CONTAX N Vario-Sonnar T* 24-85mmF3.5-4.5 F8.0

α7RⅡ + CONTAX N Vario-Sonnar T* 24-85mmF3.5-4.5 F8.0
α7RⅡ + CONTAX N Vario-Sonnar T* 24-85mmF3.5-4.5 F8.0

α7RⅡ + CONTAX N Vario-Sonnar T* 24-85mmF3.5-4.5 F8.0
α7RⅡ + CONTAX N Vario-Sonnar T* 24-85mmF3.5-4.5 F8.0
これだけエアコンの室外機が、並んでいると前を通るだけで熱風が凄そうだ。

α7RⅡ + CONTAX N Vario-Sonnar T* 24-85mmF3.5-4.5 F8.0
α7RⅡ + CONTAX N Vario-Sonnar T* 24-85mmF3.5-4.5 F8.0
自宅周辺の公園へ
やっと昼間の撮影となる。

α7RⅡ + CONTAX N Vario-Sonnar T* 24-85mmF3.5-4.5 F4.5
α7RⅡ + CONTAX N Vario-Sonnar T* 24-85mmF3.5-4.5 F4.5
85mm開放での撮影だが、こういった被写体では、ボケがもう少し欲しい。

α7RⅡ + CONTAX N Vario-Sonnar T* 24-85mmF3.5-4.5 F4.5
α7RⅡ + CONTAX N Vario-Sonnar T* 24-85mmF3.5-4.5 F4.5
リサイクル屋だろうか?
おかしなモノが、貼り付けてあるように見える。

α7RⅡ + CONTAX N Vario-Sonnar T* 24-85mmF3.5-4.5 F8.0
α7RⅡ + CONTAX N Vario-Sonnar T* 24-85mmF3.5-4.5 F8.0
昔懐かしい銭湯の桶のようだ。
とはいえ、なぜケロリン?
それも大量にだ。
規則正しくビスを、3点づつ使っていることから、それなりに几帳面な施工をしているようだ。
それでも何故?ケロリン?

α7RⅡ + CONTAX N Vario-Sonnar T* 24-85mmF3.5-4.5 F4.5
α7RⅡ + CONTAX N Vario-Sonnar T* 24-85mmF3.5-4.5 F4.5

α7RⅡ + CONTAX N Vario-Sonnar T* 24-85mmF3.5-4.5 F4.5
α7RⅡ + CONTAX N Vario-Sonnar T* 24-85mmF3.5-4.5 F4.5
セブンイレブンの前に停まっていたのだが、出前用?


最後に付け加えておくが、このNシリーズのレンズはとにかく大きくて重い。

せっかく、軽量コンパクトなα7RⅡに、重くて大きなレンズをつけるのは、なんだか勿体無い気がするが、写りは悪くない。

重さを我慢してでも、今日はコレで行こうと思う時は、たまにではあるが無いわけではないのだ。

α7RⅡ + CONTAX N Vario-Sonnar T* 24-85mmF3.5-4.5
* フードまでつけると、α7RⅡのコンパクトさ等、どうでもよくなってくる。

とはいえ、自転車でブラブラと、適当スナップでも撮るかと思うと躊躇する。

他に、プラナー50mmと85mmを所有しているのだが、85mmの方は、今回のズームレンズより更に巨大で、重たい。

α7RⅡ + CONTAX N Vario-Sonnar T* 24-85mmF3.5-4.5 と プラナー85mm


そのうち、このブログにも紹介したいと思ってはいるのだが、重さからか極端に稼働率が低いうえに、レンズの性格上ポートレート等の人物がモロに被写体になる場合が多く、中々、紹介出来ない。

無難な写真を選んで、数枚出しておくが写りはスッキリとしてお気に入りのレンズである。

α7RⅡ + CONTAX N Planar T* 85mm F1.4 開放
α7RⅡ + CONTAX N Planar T* 85mm F1.4 開放

α7RⅡ + CONTAX N Planar T* 85mm F1.4 F1.8
α7RⅡ + CONTAX N Planar T* 85mm F1.4 開放

α7RⅡ + CONTAX N Planar T* 85mm F1.4 開放
α7RⅡ + CONTAX N Planar T* 85mm F1.4 開放


せめて、もう少し重量が軽ければ毎日持ち歩いて無難な写真を撮り貯める事が出来るのだが、今、現在ではブログに出せる写真はあまりない。

最後にふりかえって見ると、どうも自分は、Nシリーズのレンズの話題の最後に、重たいとか大きいとか、そんな話になってしまうのだが、人によっては重いの部類に入らない人もいるかも知れない。

写りの感想としては、Nシリーズのレンズは、クリアで、線が細く精細で、歪曲も少なく、現代的な写りだと思う。

私的には、とても良いものだと思っている。

P.S.
今回使用したAFアダプタはNAM−1を使用すれば、中判カメラのContax 645のレンズもAFで使用する事が出来る。

更に重くて大きいレンズ群なので、現時点での入手は考えていない。


* 他のContax N まとめ


* 下に表示されている広告のアダプタは、今回の記事で紹介したレンズを使用できます。
  (本文で、実際に使われていない物も表示されています)



        

KIPON(キポン)コンタックスNマウントレンズ - ソニー NEX/α.Eマウント電子アダプター






スポンサーサイト

テーマ:★カメラ&レンズ・機材 - ジャンル:写真

  1. 2015/09/22(火) 21:06:46|
  2. CONTAX N Vario-Sonnar T* 24-85mmF3.5-4.5
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

CONTAX G Vario-Sonnar T* 35-70mm F3.5-5.6 と α7RⅡ

α7RⅡ + CONTAX G Vario-Sonnar T* 35-70mm F3.5-5.6

ここのところ、α7RⅡを購入してから手持ちのレンズをかたっぱしからチェックしているのだが、α7Rを使っている時には色被りなどで使用を諦めていたレンズが、かなり実用出来るようになっているようだ。

今回のお題のレンズも、7Rでは色被りどころか広角域ではケラれてしまい使えなかったレンズである。

35mmから70mmのズームレンズなのだが、実質使える領域は50~70mmといった具合であった。

裏面照射センサーの恩恵か、若干の周辺減光はあるものの私的には、充分運用出来る程度になっている。

減光については、RAW現像時にPhotoshop Lightroomで、周辺光量を調整してもいいだろう。

出てくるJPGファイル原理主義者には修正前提での運用では、少し躊躇するかもしれないが、ケラれでどうにも使いようがなかったレンズが使えるだけで良しとするべきではないだろうか。

もっとも周辺の減光は、そこまで気にしなくとも味とかいって納得すればいいのかもしれない。

いつも言っているが、ちゃんとした写りが欲しいなら純正のレンズを使えばいいのだ。

α7RⅡ + CONTAX G Vario-Sonnar T* 35-70mm F3.5-5.6
ズームを伸ばした状態では、CONTAX Gのレンズとしては最長となる。

何日か、試写がてら撮り歩いたので画像をあげようと思う。

α7RⅡ + CONTAX G Vario-Sonnar T* 35-70mm F3.5-5.6 F8.0
α7RⅡ + CONTAX G Vario-Sonnar T* 35-70mm F3.5-5.6 F8.0
35mm近辺の写真である。
周辺減光が発生する焦点距離なのだが、私的にはあまり気にならない。
大雨の日のららぽーとだが、かなりの雨のせいか程よく空いていて過ごしやすかった。


α7RⅡ + CONTAX G Vario-Sonnar T* 35-70mm F3.5-5.6 開放
α7RⅡ + CONTAX G Vario-Sonnar T* 35-70mm F3.5-5.6 開放
これも焦点距離35mm
いつもは、行列の出来るパンケーキ屋なのだが、客は殆ど入っていない。

α7RⅡ + CONTAX G Vario-Sonnar T* 35-70mm F3.5-5.6 開放
α7RⅡ + CONTAX G Vario-Sonnar T* 35-70mm F3.5-5.6 開放
雨の日の野外ベンチでは、誰も利用する事は無いようだ。

α7RⅡ + CONTAX G Vario-Sonnar T* 35-70mm F3.5-5.6 F5.6
α7RⅡ + CONTAX G Vario-Sonnar T* 35-70mm F3.5-5.6 F5.6
周囲が暗ければ、周辺減光云々と細かい事を気にすることはないだろう。

α7RⅡ + CONTAX G Vario-Sonnar T* 35-70mm F3.5-5.6 F8.0
α7RⅡ + CONTAX G Vario-Sonnar T* 35-70mm F3.5-5.6 F8.0
場所は変わって根津神社。
焦点距離35mmである。

α7RⅡ + CONTAX G Vario-Sonnar T* 35-70mm F3.5-5.6 F8.0
α7RⅡ + CONTAX G Vario-Sonnar T* 35-70mm F3.5-5.6 F8.0
こちらも35mm

α7RⅡ + CONTAX G Vario-Sonnar T* 35-70mm F3.5-5.6 F8.0
α7RⅡ + CONTAX G Vario-Sonnar T* 35-70mm F3.5-5.6 F8.0
35mm

α7RⅡ + CONTAX G Vario-Sonnar T* 35-70mm F3.5-5.6 F8.0
α7RⅡ + CONTAX G Vario-Sonnar T* 35-70mm F3.5-5.6 F8.0
35mm

α7RⅡ + CONTAX G Vario-Sonnar T* 35-70mm F3.5-5.6 開放
α7RⅡ + CONTAX G Vario-Sonnar T* 35-70mm F3.5-5.6 開放
70mm

α7RⅡ + CONTAX G Vario-Sonnar T* 35-70mm F3.5-5.6 開放
α7RⅡ + CONTAX G Vario-Sonnar T* 35-70mm F3.5-5.6 開放
50mm

α7RⅡ + CONTAX G Vario-Sonnar T* 35-70mm F3.5-5.6 開放
α7RⅡ + CONTAX G Vario-Sonnar T* 35-70mm F3.5-5.6 開放
70mm

α7RⅡ + CONTAX G Vario-Sonnar T* 35-70mm F3.5-5.6 開放
α7RⅡ + CONTAX G Vario-Sonnar T* 35-70mm F3.5-5.6 開放
35mm

α7RⅡ + CONTAX G Vario-Sonnar T* 35-70mm F3.5-5.6 F8.0
α7RⅡ + CONTAX G Vario-Sonnar T* 35-70mm F3.5-5.6 F8.0
35mm

α7RⅡ + CONTAX G Vario-Sonnar T* 35-70mm F3.5-5.6 F8.0
α7RⅡ + CONTAX G Vario-Sonnar T* 35-70mm F3.5-5.6 F8.0
35mm

α7RⅡ + CONTAX G Vario-Sonnar T* 35-70mm F3.5-5.6 開放
α7RⅡ + CONTAX G Vario-Sonnar T* 35-70mm F3.5-5.6 開放
70mm

α7RⅡ + CONTAX G Vario-Sonnar T* 35-70mm F3.5-5.6 開放
α7RⅡ + CONTAX G Vario-Sonnar T* 35-70mm F3.5-5.6 開放
35mm

今回は、周辺減光の確認の為に苦手な35mm近辺の焦点距離を多用して撮影してみた。

この焦点距離は相変わらず苦手のままなのだが、周辺減光や色被りのチェックとあれば仕方ない。

撮影後に自宅に戻って、メモリーカードを挿したPCの画面を見ると頭が痛くなってくるが、肝心の周辺減光の方は、それ程では無いようだ。

今回も、Photoshop Lightroom にてRAW現像しているが、周辺の光量は特に調整していない。

空が多く入るシチュエーションでは、減光が気になるのかもしれないが今回の撮影では、気になる描写を感じなかった。

最後に、マウントアダプタについて説明しておこうと思う。

今回使用したアダプタは、MF専用のKIPONの物を使用している。

Ⅲ型のTECHARTのAFアダプタでは、このレンズは物理的に装着することは出来ないからだ。

装着できない旨の説明は、ココを見て欲しいのだが、装着出来る所謂Ⅱ型のアダプタもα7RⅡではファームがしっかり対応していないようだ。

かなり、挙動が怪しい。

頻繁な、ブラックアウトやフリーズで激しいストレスを感じる。

このⅡ型のAFアダプタは、ファームの更新が出来ないタイプのアダプタなので諦めるより無いようだ。

他のCONTAX Gのレンズを使用する際には、最新ファームにて更新したⅢ型を使用しているのだが、まだしっかり対応出来ていないように感じる。

時折、フリーズしてしまうのだ。

最新より以前のファームウエアであればフリーズなどはしないようになるが、拡大MFが出来ないという不具合を持っている。

なんとも歯がゆいアダプタ運用の様な気もするのだが、MF専用のアダプタを使用すれば普通のMFレンズのような使用感になるので、現状はMF専用マウントアダプタを使うべきだろう。

ちなみに、今回のレンズの写りとしては、ズームとしては充分写る印象だが望遠側の70mm近くになってくると若干描写の甘さを感じる。

4200万画素のα7RⅡでは、ある意味では仕方のないことなのだろう。

フィルムカメラのレンズなのだ、イレギュラーな使い方をしている自分自身に問題があると言える。

とはいえ、軽量であることやコンパクトさがもたらす恩恵は、それはそれで便利なものである。

今日は、"コレ"と決めた単焦点のレンズのお供に持って歩くのには悪く無い選択かもしれない。


* 他のContax Gまとめ


* 下に表示されている広告のアダプタは、今回の記事で紹介したレンズを使用できます。
  (本文で、実際に使われていない物も表示されています)

CONTAX G マウントアダプタ

                

TECHART(テックアート)コンタックスGマウントレンズ - SONY(ソニー)NEX/α.Eマウント電子アダプター フルサイズ対応


    

TECHART(テックアート)コンタックスGマウントレンズ - SONY(ソニー)NEX/α.Eマウント電子アダプター.フルサイズ対応 TA-GA3








テーマ:★カメラ&レンズ・機材 - ジャンル:写真

  1. 2015/09/14(月) 01:55:42|
  2. CONTAX G Vario-Sonnar T* 35-70mm F3.5-5.6
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

CONTAX G BIOGON 28mm F2.8 とα7RⅡ

α7RⅡ + CONTAX G Biogon 28mm F2.8

α7RⅡを購入してから、しばらくコンタックス G のレンズの話しが続いているのだが、

今回も、やっぱりコンタックス G(笑)

今度は、Biogon の 28mmである。

今迄は、α7Rでビオゴンの28mmを使用する際には、Capture One 8のLCC(レンズキャストキャリブレーション)を使用して色被りを目立たなくしていたのだが、正直なところかなり面倒な事だった。

*修正作業の紹介はコチラです

α7RⅡでは、LCCを使用しないでみようと思うのだが、実際どうなのか?

そこの辺を、実際に使用して確認してみる事にした。

ビオゴンの21mmで、ほぼ許容範囲内の色被りだったので、否が応でも期待してしまう。

まずは、手始めにLCC用の修正DATAを作る時のように、薄めの白色プラ板をレンズの前に取り付けて部屋の照明を撮影して被り具合を確認してみた。

A7R B28
α7Rでは、四隅のシアンも濃く上部の原因不明のマゼンダの被り

A7R2 B28
α7RⅡ の場合も四隅のシアン被りはあるものの、マゼンダ被りは解消されているように感じる。


上の二つの画像を見比べてわかるように四隅のシアンというか減光はともかく、上部のマゼンダの色被りについてはα7RⅡでは、それほど気にならない。

あとは周辺の流れが、どの程度か次第なのだが、とりあえずは適当に撮影してきたので、写真をあげていこうと思う。

α7RⅡ + CONTAX G Biogon 28mm F2.8 開放
α7RⅡ + CONTAX G Biogon 28mm F2.8 開放
写真をあげていこうと言いつつ、いきなりの夜間の撮影だ。
あたりまえといえばあたりまえだが、夜間であれば四隅の被りは特に気にならない。

α7RⅡ + CONTAX G Biogon 28mm F2.8 開放
α7RⅡ + CONTAX G Biogon 28mm F2.8 開放

α7RⅡ + CONTAX G Biogon 28mm F2.8 開放
α7RⅡ + CONTAX G Biogon 28mm F2.8 開放

α7RⅡ + CONTAX G Biogon 28mm F2.8 F8.0
α7RⅡ + CONTAX G Biogon 28mm F2.8 F8.0

α7RⅡ + CONTAX G Biogon 28mm F2.8 F8.0
α7RⅡ + CONTAX G Biogon 28mm F2.8 F8.0
若干、陽が傾いているがやっと明るい場所の写真である。
色被りにつていは、個人的には特に気にならない印象だ。

α7RⅡ + CONTAX G Biogon 28mm F2.8 F8.0
α7RⅡ + CONTAX G Biogon 28mm F2.8 F8.0
右上に減光を感じるが、雲のせいかもしれない。
もっとも、周辺減光は確実にあるので、気になるならRAW現像時に周辺光量を修正するのもいいだろう。
個人的には、Capture One 8のLCCを使ってまで修正しなくても、LRの光量補正でも充分対応できると思う。

α7RⅡ + CONTAX G Biogon 28mm F2.8 F8.0
α7RⅡ + CONTAX G Biogon 28mm F2.8 F8.0

α7RⅡ + CONTAX G Biogon 28mm F2.8 開放
α7RⅡ + CONTAX G Biogon 28mm F2.8 開放

α7RⅡ + CONTAX G Biogon 28mm F2.8 等倍切り出し
α7RⅡ + CONTAX G Biogon 28mm F2.8 等倍切り出し
中心付近であれば、特に目立った流れを感じない。
使い方次第で、充分に楽しめる。


何日か、使ってみた私感としては色被り等については、問題ないように感じた。

ただ、やはり中心部はともかく、周辺に行くにつれて流れが気になってくる。

ただし、ブログで使用するようなサイズや、大きなサイズでプリントアウトしなければ、どうという事もなさそうだ。

どうしても、気になるならビオゴン21mmの時にも記したが、純正の広角ズームや単焦点レンズを使うべきだろう。

マウントアダプタで、他社のレンズをつけて撮影するのは、もはやこういう遊びなのである。

素人が付けたり外したりして、楽しめればいいのだ。

もちろん、写りが良いに越した事は無いのだが、この場合はフィルムを使うレンジファインダーカメラのレンズが、気軽にデジタルで使用出来るという部分を楽しむべきだろう。


* 他のContax Gまとめ


* 下に表示されている広告のアダプタは、今回の記事で紹介したレンズを使用できます。
  (本文で、実際に使われていない物も表示されています)

CONTAX G マウントアダプタ

                

TECHART(テックアート)コンタックスGマウントレンズ - SONY(ソニー)NEX/α.Eマウント電子アダプター フルサイズ対応


    

TECHART(テックアート)コンタックスGマウントレンズ - SONY(ソニー)NEX/α.Eマウント電子アダプター.フルサイズ対応 TA-GA3






テーマ:★カメラ&レンズ・機材 - ジャンル:写真

  1. 2015/09/02(水) 02:07:11|
  2. CONTAX G Biogon T* 28mm F2.8
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

カウンター

プロフィール

yoshiyashi

Author:yoshiyashi
とりあえず、楽しめれば良い

カレンダー

08 | 2015/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

月別アーカイブ

最新記事

最新コメント

カテゴリ

未分類 (1)
カメラ (1)
マウントアダプタについて (4)
MINOLTA MC MD(SR系) (9)
AUTO ROKKOR PF 55mm F1.8 (1)
MINOLTA MD ROKKOR 50mm F1.4 (55φ) (1)
MC ROKKOR 58mm F1.4 (3)
MC ROKKOR 58mm F1.2 (2)
MINOLTA NEW MD 50mm F2.0 (1)
MD ZOOM 35-70mm F3.5 (1)
(C/Y) CONTAX (2)
(C/Y) CONTAX Carl Zeiss Planar T* 50mm F1.4 (2)
(C/Y) CONTAX Carl Zeiss Sonnar T* 135mm F2.8 (0)
Contax G (15)
CONTAX G Biogon T* 21mm F2.8 (1)
CONTAX G Biogon T* 28mm F2.8 (2)
CONTAX G Planar T* 35mm F2.0 (1)
CONTAX G Planar T* 45mm F2.0 (9)
CONTAX G SONNAR T* 90mm F2.8 (1)
CONTAX G Vario-Sonnar T* 35-70mm F3.5-5.6 (1)
Contax N (7)
CONTAX N Planar T* 50mm F1.4 (3)
CONTAX N Planar T* 85mm F1.4 (1)
CONTAX N Vario-Sonnar T* 24-85mmF3.5-4.5 (3)
Asahi Super Takumar 55mm F1.8 (1)
FA43mmF1.9 Limited (2)
FA77mmF1.8 Limited (1)
Voigtlander NOKTON Classic 40mm F1.4 MC (4)
Voigtlander NOKTON 50mm F1.1 (3)
Voigtlander SEPTON 50mm F2.0 (2)
千代田光学 SUPER ROKKOR 45mm F2.8 (1)
LEICA SUMMICRON-M 50mm F2.0 (1)
JUPITER 8 50mm F2 (1)
INDUSTAR-61L/Z-MC-50mm-F2.8-(M42) (2)
EBC FUJINON 55mm F1.8 (2)
改造レンズ (7)
ROKKOR-QF 40mm F1.7 (2)
FUJINON 38mm F2.8 (2)
COLOR YASHINON DX 40mm F1.7 (2)
kodak Ektar 44mm F3.5 (1)
SEL1635Z Vario-Tessar T* FE 16-35mm F4 ZA OSS (3)
SEL55F18Z Sonnar T* FE 55mm F1.8 ZA (1)
車 (1)
RICOH XR RIKENON 50mm F2 (1)

最新トラックバック

広告

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。