趣味とか道楽とか

hobby and hobbies

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

MC ROKKOR 58mm F1.2 と α7RⅡ

α7RⅡ+ MC ROKKOR 58mm F1.2

前回に引き続き、Adobe Photoshop Lightroomで、最近追加されたレンズプロファイルを、今回はロッコールで確認してみることにした。

今回のレンズは、一昨年、ネットオークションでSRT101を落札した際に、同梱されてきたものだ。

そんなこんなで、格安で入手したレンズだが、出番はあまり多くはない。

元々、思い入れがないのだ。

やはり自分の中のROKKORは、MC 58mm F1.4 である。

今回のレンズは、58mm F1.4より世間の評価も高く高額で取引されてはいるが、自分の中のROKKORというレンズからは、「外れている」。

私的な思いだが、Adobeには今回のレンズではなく 58mm F1.4のレンズプロファイルを追加してもらいたかったが、無いものは仕方ない。

今回は、このレンズでプロファイルによる補正を確認してみようと思う。

前回もブログで書いていたが、補正をしたからといって写真の出来自体を補正出来るわけでは無い。

あくまで、歪曲や周辺の光量を補正する為のプロファイルデータを適用出来るだけだ。

幾つか写真をあげておこうと思う。

α7RⅡ+ MC ROKKOR 58mm F1.2 補正前
α7RⅡ+ MC ROKKOR 58mm F1.2 補正後
α7RⅡ+ MC ROKKOR 58mm F1.2 開放
上の写真が補正前、下が補正後

今回の補正結果は、前回のfujinonに比べ著しい変化を感じることが出来た。

中央付近については、それほどの差を感じられないが、周辺については、かなりの移動量を感じることが出来る。

判別しやすい部分としては、一番左側のジャングルジムの縦の支柱部分だろうか、補正後を見た後では湾曲の度合いが全く違って見える。

変化の量が多いほど、元のレンズの歪曲が多いということになる。

ここからは、補正後の写真を上げていこうと思う。

いつも通りライトルームで、他のパラメーターも補正しているので、RAW現像込での写真として見てもらいたい。

α7RⅡ+ MC ROKKOR 58mm F1.2 F5.6
α7RⅡ+ MC ROKKOR 58mm F1.2 F5.6

α7RⅡ+ MC ROKKOR 58mm F1.2 F8.0
α7RⅡ+ MC ROKKOR 58mm F1.2 F8.0

α7RⅡ+ MC ROKKOR 58mm F1.2 F8.0
α7RⅡ+ MC ROKKOR 58mm F1.2 F8.0

α7RⅡ+ MC ROKKOR 58mm F1.2 開放
α7RⅡ+ MC ROKKOR 58mm F1.2 開放

α7RⅡ+ MC ROKKOR 58mm F1.2 F8.0
α7RⅡ+ MC ROKKOR 58mm F1.2 F8.0

α7RⅡ+ MC ROKKOR 58mm F1.2 F8.0
α7RⅡ+ MC ROKKOR 58mm F1.2 F8.0

α7RⅡ+ MC ROKKOR 58mm F1.2 F8.0
α7RⅡ+ MC ROKKOR 58mm F1.2 F8.0

α7RⅡ+ MC ROKKOR 58mm F1.2 F4.0
α7RⅡ+ MC ROKKOR 58mm F1.2 F4.0


今回、RAW現像による補正作業を行う過程で、素人なりに一つの疑問を感じたので書いておこうと思うのだが、

歪曲や周辺の減光は、そのレンズ自体の「個性とも言えるのではないか?」と、少し考え込んでしまった。

果たして、個性を殺すような補正をしてまで、RAW現像をするべきなのだろうか?、個性を無くしてまで、このレンズを使う意味はあるのだろうか?

これだけ大きく補正が反映されてしまうと、元のレンズはなんでも良いという事になってしまうのでは無いだろうか?

素人が考えても、特に答えとなるような結論が導き出される気はしないので、気軽に楽しめればイイという、いつもの終わり方で締めたいと思う。

* 他の MC ROKKOR 58mm F1.2 まとめ


* 下に表示されている広告のアダプタは、今回の記事で紹介したレンズを使用できます。
  (本文で、実際に使われていない物も表示されています)

----
--



スポンサーサイト

テーマ:★カメラ&レンズ・機材 - ジャンル:写真

  1. 2016/02/28(日) 16:27:17|
  2. MC ROKKOR 58mm F1.2
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

EBC FUJINON 55mm F1.8 と α7RⅡ

α7RⅡ+ EBC FUJINON 55mm F1.8

今回は、フジノン EBC 55mm F1.8 を、何日か持ち歩いてきた。

なぜ、フジノンかというと気付かないうちに、普段使っている Photoshop Lightroom CC にて、当レンズのレンズプロファイルが追加されたからだ。

他にも所有している、所謂オールドレンズと言われる部類のレンズプロファイルも追加されていたが、防湿庫の一番手前に置いてあった、このレンズを持って歩くことにした。

特に、Adobeの用意したレンズプロファイルに過剰な期待をしているわけではないが、せっかくなので試してはみたい。

目新しい事があれば、試したくなるものだ。

もっとも、多少、歪曲が補正されたり周辺の光量が調整されているからと言って、別に写真の良し悪しは補正されたりはしない。

こういうものかと、結局は、普段通りの使い方をするだけだろう。

とはいえ、オールドレンズと言えば聞こえが良い、古くて安価なレンズの補正プロファイルを追加してくれるのは嬉しい。

一旦、適用して結局は解除する事があったとしても現像範囲の幅が広がる事もあるだろうし、より多くの選択肢の中から、その時の自分にとっての最良を模索する事が出来る。

「自分にとっての最良とは」と言いつつ、所詮は、いつもながらの素人の遊びだ。

今回は、遊びの範囲が一つ増えたと思って、この遊びに乗っかる事にしてみようと思う。

α7RⅡ+ EBC FUJINON 55mm F1.8 補正前
α7RⅡ+ EBC FUJINON 55mm F1.8 補正後
α7RⅡ+ EBC FUJINON 55mm F1.8 開放
上の写真が補正前、下が補正後

微妙な変化はあるようだ、写真の端部に近い鉄の柵は方眼から若干のズレが見てとれる。

上下の写真を見比べて、方眼からのズレの分だけ補正をされたという事になるのだが、効果的な処理がされているかどうかは、わからない。

変化を感じとれれば、補正されたという事なんだろう。

ここは、素人が補正された「なるほど」程度で、納得すればいいのだろう。

これから出していく写真は、補正後の写真である。

α7RⅡ+ EBC FUJINON 55mm F1.8 開放
α7RⅡ+ EBC FUJINON 55mm F1.8 開放

α7RⅡ+ EBC FUJINON 55mm F1.8 開放
α7RⅡ+ EBC FUJINON 55mm F1.8 開放

α7RⅡ+ EBC FUJINON 55mm F1.8 F8.0
α7RⅡ+ EBC FUJINON 55mm F1.8 F8.0
距離をあわせてパンフォーカス気味にシャッターを切った
こういうのはMFレンズのほうがしっくりくる。

α7RⅡ+ EBC FUJINON 55mm F1.8 F8.0
α7RⅡ+ EBC FUJINON 55mm F1.8 開放

α7RⅡ+ EBC FUJINON 55mm F1.8 開放
α7RⅡ+ EBC FUJINON 55mm F1.8 開放

α7RⅡ+ EBC FUJINON 55mm F1.8 開放
α7RⅡ+ EBC FUJINON 55mm F1.8 開放

α7RⅡ+ EBC FUJINON 55mm F1.8 F8.0
α7RⅡ+ EBC FUJINON 55mm F1.8 F8.0

今回のレンズのRAWファイルを、一通りPhotoshop Lightroom で、レンズ補正を試してみたのだが、元のレンズが優秀なのか?劇的な変化はないようだ。

他のレンズでは、劇的な変化をするモノもあるかも知れないが、今回は、補正されている「なるほど」で、終わらせておくのが良いのかもしれない。

今後も、所有している古めのレンズでレンズプロファイルを試していこうと思う。

* 他のFUJINON まとめ


* 下に表示されている広告のアダプタは、今回の記事で紹介したレンズを使用できます。
  (本文で、実際に使われていない物も表示されています)

------





テーマ:★カメラ&レンズ・機材 - ジャンル:写真

  1. 2016/02/14(日) 18:00:33|
  2. EBC FUJINON 55mm F1.8
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:7

CONTAX N Planar T* 85mm F1.4 と ボケフィルター と α7RⅡ

α7RⅡ+ CONTAX N Planar T* 85mm F1.4


今回は、ボケフィルターを自作して撮影をしてみた。

自作とか偉そうだが、実際は適当に切り抜いた紙を黒く塗って光が抜けないようにし、プロテクトフィルターに両面テープで貼り付けただけだ。

少し前の更新時に、インダスターでの星型撮影をしたのだが、今回は少しボケの形を変えてみたくなったのが自作の理由だといえる。

今回のボケの形は、ズバリ言うとハート型である。

生憎と「わー、ハート型だ!カワイイ!」という感性は持ち合わせていないのだが、何とは無しに作ってしまった。

出来上がったフィルターをレンズに取り付けて、適当な光源をピントを外して撮影すればよい。

適当にフィルターを作り、適当に撮る。

いつもながらのスタイルだ。

ボケフィルター
仕上がりはあまりきれいではないが、遊びでチョイとやって見ただけの物なのだからこれで充分だろう。

α7RⅡ+ CONTAX N Planar T* 85mm F1.4 F8.0
ボケフィルタ装着前

α7RⅡ+ CONTAX N Planar T* 85mm F1.4 + ボケフィルタ
α7RⅡ+ CONTAX N Planar T* 85mm F1.4 + ボケフィルタ
フィルタ装着後

意味もなくハートだらけになった。

今回の写真では、ただ光源がハートになっただけだといえる。

写真に意味を持たせるには、ハートだらけになっても特に意味はない。

素人写真とはいえ、もう少し素人なりに考えて使うべきなのだろう。

使用したレンズ自体は非常に気に入っているレンズだが少々重い。

写りはあっさりしたモノだが、そこがいいとも言える、RAW現像でどのようにでも仕上げていけばいい。

α7RⅡ+ CONTAX N Planar T* 85mm F1.4 開放
α7RⅡ+ CONTAX N Planar T* 85mm F1.4 開放

開放絞りながら、きめ細かさとクリアな写りが魅力のレンズだ。

あえて何度も言うが、重い・・・800gだ。

私感だが、重さだけが欠点だと思っている。

もう少し軽ければ、持ち出し回数も増えるのだが・・・


* 他のContax N まとめ


* 下に表示されている広告のアダプタは、今回の記事で紹介したレンズを使用できます。
  (本文で、実際に使われていない物も表示されています)

---





テーマ:★カメラ&レンズ・機材 - ジャンル:写真

  1. 2016/02/05(金) 00:12:19|
  2. CONTAX N Planar T* 85mm F1.4
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

カウンター

プロフィール

yoshiyashi

Author:yoshiyashi
とりあえず、楽しめれば良い

カレンダー

01 | 2016/02 | 03
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 - - - - -

月別アーカイブ

最新記事

最新コメント

カテゴリ

未分類 (1)
カメラ (1)
マウントアダプタについて (4)
MINOLTA MC MD(SR系) (9)
AUTO ROKKOR PF 55mm F1.8 (1)
MINOLTA MD ROKKOR 50mm F1.4 (55φ) (1)
MC ROKKOR 58mm F1.4 (3)
MC ROKKOR 58mm F1.2 (2)
MINOLTA NEW MD 50mm F2.0 (1)
MD ZOOM 35-70mm F3.5 (1)
(C/Y) CONTAX (2)
(C/Y) CONTAX Carl Zeiss Planar T* 50mm F1.4 (2)
(C/Y) CONTAX Carl Zeiss Sonnar T* 135mm F2.8 (0)
Contax G (15)
CONTAX G Biogon T* 21mm F2.8 (1)
CONTAX G Biogon T* 28mm F2.8 (2)
CONTAX G Planar T* 35mm F2.0 (1)
CONTAX G Planar T* 45mm F2.0 (9)
CONTAX G SONNAR T* 90mm F2.8 (1)
CONTAX G Vario-Sonnar T* 35-70mm F3.5-5.6 (1)
Contax N (7)
CONTAX N Planar T* 50mm F1.4 (3)
CONTAX N Planar T* 85mm F1.4 (1)
CONTAX N Vario-Sonnar T* 24-85mmF3.5-4.5 (3)
Asahi Super Takumar 55mm F1.8 (1)
FA43mmF1.9 Limited (2)
FA77mmF1.8 Limited (1)
Voigtlander NOKTON Classic 40mm F1.4 MC (4)
Voigtlander NOKTON 50mm F1.1 (3)
Voigtlander SEPTON 50mm F2.0 (2)
千代田光学 SUPER ROKKOR 45mm F2.8 (1)
LEICA SUMMICRON-M 50mm F2.0 (1)
JUPITER 8 50mm F2 (1)
INDUSTAR-61L/Z-MC-50mm-F2.8-(M42) (2)
EBC FUJINON 55mm F1.8 (2)
改造レンズ (7)
ROKKOR-QF 40mm F1.7 (2)
FUJINON 38mm F2.8 (2)
COLOR YASHINON DX 40mm F1.7 (2)
kodak Ektar 44mm F3.5 (1)
SEL1635Z Vario-Tessar T* FE 16-35mm F4 ZA OSS (3)
SEL55F18Z Sonnar T* FE 55mm F1.8 ZA (1)
車 (1)
RICOH XR RIKENON 50mm F2 (1)

最新トラックバック

広告

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。