趣味とか道楽とか

hobby and hobbies

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

改造レンズ(minolta HI-MATIC E) と α7R

ROKKOR-QF 40mm F1.7 と α7R
α7R + ROKKOR-QF 40mm F1.7


今回は、改造レンズの話し。

最初に断るべくも無く常識的な話しとして、素人がカメラに使うような精度の高いガラス加工等出来るわけも無いので

改造レンズというよりは、どちらかと言えばレンズの流用という事になる。

今回はタイトルにある、1971年発売のミノルタ ハイマチック E というコンパクトカメラのレンズを取り出して、どうにか流用してみた。

このレンズの流用を思いついたのは、非常に高価な値段でMマウントに改造をしてくれるところがあるのだが、少し自分には高額に感じ手軽になんとかα7Rで使えないかと思ったからである。

今回、試行錯誤しながらも完成と言えるレベルになったので、備忘録としてブログの記事にしてみようと思った次第である。



今回の製作のポイントは、

「素人が特別な試験機や、特殊な工具を使用せずに、ある程度の精度を出せる制作方法を考える」

である。

それこそ、図面を作成して町の旋盤加工業を行っている会社に依頼する事も出来ると思うが、安価に自分の手でという部分にこだわった。

どうせ、コレはそういう遊びだ。

光学など微塵もわかっていない素人が割り切って楽しめれば、それでいい。

しかし、素人の手遊びとは言え適当な配置や加工で、折角のレンズを台無しにするわけにはいかない。

外見もそれなりに、スタイリッシュな物を作りたいと思ったが、素人の初めての製作である、あまり期待は出来ないと思う。

もう一つポイントとしては、

「絞りの位置やレンズの配置などは、元のレンズと同一の物としたい。」

である。

コレは素人故の発想なのかも知れないが、絞りの位置やレンズの配置が変わってしまうと、別のレンズになってしまうのでは無いかという考えからである。

今回のカメラのレンズはネット上では、大変評判のいいレンズらしい、ズミクロンの40mm F2.0よりも解像に優れていると言われたりもしている。

出来るだけ、元の味とも言える部分や、性能を維持できる方法を素人ながら考えた。

考えたが・・・、これが正しいとか正解と言える部分に到達出来たかは素人の自分には分からない。

そもそも、オリジナルであるところのハイマチックに、フィルムを入れて撮影をした事が無いのだ。

カメラ自体の存在は知っていたが、触れることは今まで無かった。

今回、初めてジャンク品をネットオークションで入手したのだが、

入手した個体の状態は、電池を入れてみてもウンともスンとも言わない。

その上、シャッターボタンを押せない状態のものであった。

外観についてもスレやヨゴレもあり、1,500円という値段が高いのか安いのか皆目、見当も付かない。

足を使って探せば、中古カメラ屋のジャンクのワゴンなどで、更に安い物が手に入るような気もするのだが、安易な方法としてネットオークションで落札してしまった。

こういう事は、思い立ったらすぐに行動しないとモチベーションを維持出来ない性分なので仕方ない。

頭の中の、「こうやってみてはどうだろうか?」等の、様々な案が色褪せてしまっては意味がない。

幸い肝心のレンズの部分は、カビやくもりも無く、今回のレンズの流用については特に問題は無いように思える。

前置きは、この位にして簡単に部品の構成を下図に紹介しようと思う。

HI-MATIC E ROKKOR QF 40 1.7改 簡易構造図
<画像のクリックで大きく見れます>

かき集めた製品の個体差による若干の寸法の違いはあるかもしれない。

それと、現在の2015年1月に於いての製品である。

それ以前、もしくは以後の製品とは仕様が変わっているかも知れない。

先程、元のレンズの味を維持すると言いつつ絞りユニットについては別途、円形絞りユニットを購入して使用した。

元のレンズに付いていた5枚(たぶん)の絞りから14枚の円形絞りになった。

絞りユニットを組み込んだ理由としては、元のレンズというよりカメラ自体に、ユーザーが絞りを操作するという機能自体が無かったのが理由である。

当然、絞り環など付いてはいないので鏡胴となる部分から、あり合わせの部品で製作をし、前玉と後玉の間に組み込む事にした。

精度云々を問われると困るが、あくまで遊びなので個人的には問題無い。

元のレンズのマウント部だけを、Eマウント化して既存の絞りユニットを、なんらかの方法で開閉出来るようにする事が出来れば良かったのだが、自分には思いつかなかったのだ。

結果として、前玉と後玉だけを抜き出して、新規の絞りをあり合わせの部品で作った鏡胴に組み込むという事になった。

*製作手順の紹介

簡単に画像を入れながら製作手順の紹介をしようと思う。

minolta HI-MATIC E 分解1
これが分解する前の元のカメラである。

minolta HI-MATIC E 分解2
上下のカバーを、まずは取り外す。

minolta HI-MATIC E 分解3
レンズボードを取り出す。

minolta HI-MATIC E 分解4

minolta HI-MATIC E 分解5
更にレンズボードから、鏡胴を切り離す。

minolta HI-MATIC E 分解6
レンズの枠部分の前玉、後玉装着時の全長を測る。
25.85mmであった。
製作したレンズが、絞りユニットを間に挟んだ状態で同じ全長になるように作らなくてはならない。

minolta HI-MATIC E 分解7

minolta HI-MATIC E 分解8
更に分解を進め、後玉と前玉を取り出す。
間に入っていた、絞りというか、シャッターユニットは後で分解して前玉部分のプレートを再利用する。

ROKKOR-QF 40mm F1.7改 組立02
つり用の板重りを利用して、部品間のスペーサーとする。

ROKKOR-QF 40mm F1.7改 組立03
後玉のネジ部に0.5mm厚の板重りを巻きつける。

ROKKOR-QF 40mm F1.7改 組立01
ぴっちりと後玉がステップアップリングに固定された、特に接着等はしなくとも脱落しない程である。
レンズのセンターを出すのは容易ではないが、この方法であればある程度の精度を維持できる。
板重りの厚さは、1.0mm、0.5mm、0.4mm、0.25mmと各種用意した。

ROKKOR-QF 40mm F1.7改 組立04
次は、シャッターユニット件絞りユニットを分解する。

ROKKOR-QF 40mm F1.7改 組立05
前玉部のみを使用する。

ROKKOR-QF 40mm F1.7改 組立06
リューターで不要な突起を削り取る。

ROKKOR-QF 40mm F1.7改 組立07
裏側になる部分もきれいに削り取る。
ROKKOR-QF 40mm F1.7改 組立10
仮組みを行い全長を確認する
26.51mmと、25,85mmにたいして微妙に長い。
先端を削るか、スペーサーをいれるか・・・・
結局は先端を削ることにした。

ROKKOR-QF 40mm F1.7改 組立08
接着剤でステップダウンリングに固定する。
この際、0.5mm程度のスペーサーをいれて接着すれば先端の削り込みを少なくする事が出来たのだが、両面テープで仮組みをした際にテープの厚さを計算に入れるのを忘れてしまったのだ。
取り付ける際に穴と筒の間に0.4mmの板重りをスペーサーとして取り付けてセンターを出している。

ROKKOR-QF 40mm F1.7改 組立11
厚さ1.5mmのモルトプレーンを貼り付けた、これを貼り付けないと絞りユニットとの間に隙間が出来てしまい光が入ってしまうからだ。

ROKKOR-QF 40mm F1.7改 組立12
リュターで絞りユニットの操作レーバー部の切断と削り込みを行う。
保護リングについては、切断してしまった。

ROKKOR-QF 40mm F1.7改 組立13
削った部分の塗装を行う。

ROKKOR-QF 40mm F1.7改 組立15
塗装した改造リングに絞りユニットを仮に固定する。
この部分に関しては、スペーサーを思いつかなかったので、目視にてセンターを出した。
最終的な接着による固定はMマウントフランジをつけてから固定する。
絞りユニットのレバー部は、真鍮パイプにて延長している。
中間リングになっている保護リングは接着にて固定している。

ROKKOR-QF 40mm F1.7改 組立16
Mマウントとフランジバック調整用に取り付ける、ステップアップリングを用意する。
例によって、センタリングは板重りで行った。

ROKKOR-QF 40mm F1.7改 組立17
調整用ステップアップリングにマーキングを行い穴を開ける。
その際、後玉を取り付けられたステップアップリングにも穴を開ける。

ROKKOR-QF 40mm F1.7改 組立19
ナットを後玉を固定用のリングに接着した、メタルロックにて接着しているので、まず取れることは無いだろう。

ROKKOR-QF 40mm F1.7改 組立18
後玉はバスコークにて板重りのスペーサーを入れたまま固定した。

ROKKOR-QF 40mm F1.7改 組立20
完成は近い。
左上の部品は絞りユニットが取り付けられた後玉のステップアップリングと保護リング
右上は前玉とレンズの顔になる部分の枠が固定されたステップダウンリング
左下は、後玉を固定したステップアップリングとフランジバック調整用のステップアップリングの間に入れるスペーサー、1.2mmのプラ板を切り出している。
右下は、Mマウントフランジとフランジバック調整用のステップアップリングである。
メタルロックにて接着してある。

ROKKOR-QF 40mm F1.7改 組立21
画像は時系列から前後してしまうが、接着前の前玉まわりである。

ROKKOR-QF 40mm F1.7改 組立22
主要構成部を組み立てた状態。

ROKKOR-QF 40mm F1.7改 組立23
元カメラの銘板部分である。
外周の一段下がった部分が収まらない。

ROKKOR-QF 40mm F1.7改 組立24
接触してしまう、銘板の外周の一段下がったところを切断する。

ROKKOR-QF 40mm F1.7改 組立25
切り取り完了、やすりで仕上げる。

ROKKOR-QF 40mm F1.7改 組立26
このまま取り付けると銘板が下がりすぎてしまうので、モルトプレーンにてかさ上げを行った。

ROKKOR-QF 40mm F1.7改 組立27
製作中に塗装はがれなどがあった為仕上げ塗装を行った。

ROKKOR-QF 40mm F1.7改 組立28
絞りユニットのレバーが出ている部分の保護リングの開口が気になったので真鍮のプレートを取り付けてみた。
メタルロックにて接着固定している。

ROKKOR-QF 40mm F1.7改 組立29
どうにか完成した。

ROKKOR-QF 40mm F1.7改 組立30
底部

ROKKOR-QF 40mm F1.7改 組立31
側面

ROKKOR-QF 40mm F1.7改 と α7R 2
なかなか、かっこいい

ROKKOR-QF 40mm F1.7改 と α7R 3
ピント調整は、ホークスファクトリーのMマウント用ヘリコイド付きアダプタにて行う。
操作感は悪くないが、絞りレバーを間違えて動かしてしまう事がある。
これについては。今後の課題にしようと思う。

軽く撮影してみたが、特に片ボケ等は無かった、そこそこの精度で組み立てることが出来たのだろう。
素人の初めての試みとしては、まずまずである。

製作に於いて、接着剤にメタルロックを使用したのだが、かなり凶悪な接着強度である。
間違えて固定した場合、壊さないと接着面は外せないだろう・・・・

レンズの固定等、清掃などで、後々外す事もあるであろう部分には使用する事が出来ないが、今回の改造レンズでは、そういった部分は特に無い。

前玉に関しては、元カメラの部品を使いネジにて固定している。後玉はバスコークにて固定しているのでカッターなどで切り取る事ができる。

もっとも、後玉部も前玉部も、鏡胴のステップダウンリングと保護リング間をねじ込み式にて固定しているので、清掃等で苦労することは無いだろう。

次回は今回製作したレンズを使った撮影をしてみようと思う。


撮影編はコチラ



* 下に表示されている広告の商品は、今回の記事で紹介した材料です。
 
-- -  -  - -- - -

保護リング Φ52mm

価格:500円
(2015/1/22 05:12時点)


-

継手リング メス-メス Φ49mm

価格:850円
(2015/1/22 05:15時点)


-

スポンサーサイト

テーマ:★カメラ&レンズ・機材 - ジャンル:写真

  1. 2015/01/22(木) 04:41:07|
  2. ROKKOR-QF 40mm F1.7
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:3
<<改造レンズ(minolta HI-MATIC E) と α7R 撮影編 | ホーム | Voigtlander SEPTON 50mm F2.0 と α7R>>

コメント

力作ですね。

 はじめまして。
 QF40mmF1.7の検索で、やって来ました。

 私もHI-MATIC-Eを分解して、レンズを取り出し、自作するつもりでしたが、歯が立ちませんでした。

 結局、出来合いのものを購入したのですが、コンパクトさも加わり多用しています。
 現在、撮影の練習中ですが、使いこなすにはまだまだかかりそうです。
  1. 2015/03/23(月) 21:41:13 |
  2. URL |
  3. pyoshidas #aYDccP8M
  4. [ 編集 ]

Re: 力作ですね。

コメントありがとうございます
力作というよりは、使えるように部品を並べていたら
なんだか作れるような気がして…です

その後ステップアップリングやらスッテプダウンリングを発注した次第ですが
部品は結構余ってしまったので、無駄にしてはいけないと次のレンズに使う事になって…

最近はHD−Rのレンズを取り出してって感じで終わりがないです
どちらかといえば、作る時間より撮影する時間が欲しいのですが難しいです

また見に来てください
コメントいただけると励みになります。
ありがとうございました
  1. 2015/03/24(火) 01:12:41 |
  2. URL |
  3. yoshiyashi #-
  4. [ 編集 ]

私も・・・

初めまして
私、昨年の暮れ念願のα7をキャッシュバックのセールで購入しました。
使い道は、レンジファインダーの軽快さで昔の色々なレンズを使う事で、Hi-matic Eのレンズを改造しました。
私は簡単で、レンズボードを使わずフィルターとリバースアダプターで無限が出たので中を調整して絞りも開放→F8程度までコントロール出来る様になりました。
そして今流行り?のドーム型フードを自作して装着しております。
他に、minoltina SやAL-F,Hi-mati7、YASHICA CC、プラカメのレンズ等を改造しました。
それらを等倍で見ると昔のROKKOR等の優秀さが分かります。
  1. 2016/08/17(水) 11:12:45 |
  2. URL |
  3. minolta #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://yoshiyashi32.blog.fc2.com/tb.php/23-5d0ea458
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

趣味とか道楽とか 改造レンズ(minolta HI-MATIC E) と α7R

今回はタイトルにある、1971年発売のミノルタ ハイマチック E というコンパクトカメラのレンズを取り出して、どうにか流用してみた。 趣味とか道楽とか 改造レンズ(minolta HI-MATIC E) と α7R
  1. 2015/11/06(金) 19:12:49 |
  2. 伊藤浩一のWindows Phone応援団(旧W-ZERO3応援団)

カウンター

プロフィール

yoshiyashi

Author:yoshiyashi
とりあえず、楽しめれば良い

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ

最新記事

最新コメント

カテゴリ

未分類 (1)
カメラ (1)
マウントアダプタについて (4)
MINOLTA MC MD(SR系) (9)
AUTO ROKKOR PF 55mm F1.8 (1)
MINOLTA MD ROKKOR 50mm F1.4 (55φ) (1)
MC ROKKOR 58mm F1.4 (3)
MC ROKKOR 58mm F1.2 (2)
MINOLTA NEW MD 50mm F2.0 (1)
MD ZOOM 35-70mm F3.5 (1)
(C/Y) CONTAX (2)
(C/Y) CONTAX Carl Zeiss Planar T* 50mm F1.4 (2)
(C/Y) CONTAX Carl Zeiss Sonnar T* 135mm F2.8 (0)
Contax G (15)
CONTAX G Biogon T* 21mm F2.8 (1)
CONTAX G Biogon T* 28mm F2.8 (2)
CONTAX G Planar T* 35mm F2.0 (1)
CONTAX G Planar T* 45mm F2.0 (9)
CONTAX G SONNAR T* 90mm F2.8 (1)
CONTAX G Vario-Sonnar T* 35-70mm F3.5-5.6 (1)
Contax N (7)
CONTAX N Planar T* 50mm F1.4 (3)
CONTAX N Planar T* 85mm F1.4 (1)
CONTAX N Vario-Sonnar T* 24-85mmF3.5-4.5 (3)
Asahi Super Takumar 55mm F1.8 (1)
FA43mmF1.9 Limited (2)
FA77mmF1.8 Limited (1)
Voigtlander NOKTON Classic 40mm F1.4 MC (4)
Voigtlander NOKTON 50mm F1.1 (3)
Voigtlander SEPTON 50mm F2.0 (2)
千代田光学 SUPER ROKKOR 45mm F2.8 (1)
LEICA SUMMICRON-M 50mm F2.0 (1)
JUPITER 8 50mm F2 (1)
INDUSTAR-61L/Z-MC-50mm-F2.8-(M42) (2)
EBC FUJINON 55mm F1.8 (2)
改造レンズ (7)
ROKKOR-QF 40mm F1.7 (2)
FUJINON 38mm F2.8 (2)
COLOR YASHINON DX 40mm F1.7 (2)
kodak Ektar 44mm F3.5 (1)
SEL1635Z Vario-Tessar T* FE 16-35mm F4 ZA OSS (3)
SEL55F18Z Sonnar T* FE 55mm F1.8 ZA (1)
車 (1)
RICOH XR RIKENON 50mm F2 (1)

最新トラックバック

広告

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。